放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘の解消に効果的な腸を動かすマッサージなどを紹介

      2016/07/29

便秘の解消に効果的な腸を動かすマッサージなどを紹介

便秘には腸を動かす筋力アップを!
腸の動きが鈍っていると腸で便が停滞するため、余計に水分が吸収されてしまって便秘になってしまいます。食事のほか、筋力低下が原因のことも挙げられます。
腸内にガスがたまっていたり便がたまり便秘になると、ぽっこり下腹が出てきたり、お腹が張って苦しい思いをするものです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘には腸を動かす筋力アップを!

■だらだら腸はこんな人
腸の動きが鈍っているタイプで、腸で便が停滞するため、余計に水分が吸収されてしまって便秘になる。食事のほか、筋力低下が原因のこともある。

「だらだら腸」はこんな人に多い

大腸の蠕動(ぜんどう)運動がなかなか起きないのが「だらだら腸」の特徴だ。食物繊維不足など食事の問題に加えて、筋力不足の問題もある。大腸の中で便を移動させていく蠕動運動は、大腸をとりまく平滑筋によるものだからだ。一般的には、腹筋が少なければ、大腸の平滑筋も少なく、蠕動運動が弱い可能性がある。さらに腹筋そのものによる「“便を押し出す力”が弱くなっている場合も多い」と指摘するのは、筋肉や筋膜に詳しい、首都大学東京の竹井仁教授。

腹筋は、排便時に腹圧を高めて便を押し出す力を生み出す。特に、大腸の最後で急カーブを描く「S状結腸
引用元-「だらだら腸」の対策には腸を動かす筋力をアップ!:タイプ別にするする出せる! お腹ぺたんこ「腸エクサ」:日経Gooday(グッデイ)

」は、最も便が滞りやすい部分だ。ここでぐっと便を押し出す力を出すために、下腹部の腹筋が重要となる。

竹井教授が重視するのが、腹筋の中で最も内臓側にある「腹横筋(ふくおうきん)」だ。腹横筋には、へそ下5~6cm、S状結腸のあたりに「弓状線」というポケット状の構造があり、ここで腹直筋が腹横筋の内側にもぐりこむ。そのため、腹横筋が緩んでいると、腹直筋の収縮が助けられず、下腹部全体の収縮が大腸に伝わりにくくなる。効率よく下腹部の腹筋を鍛え“便を押し出す力”を高めるには、脚を上げるような腹筋運動がいい。

引用元-「だらだら腸」の対策には腸を動かす筋力をアップ!:タイプ別にするする出せる! お腹ぺたんこ「腸エクサ」:日経Gooday(グッデイ)

便秘の人必見!腸を動かすのに効果的なエクササイズ

■腸を動かすのに効果的なエクササイズ
腸内にガスがたまっていたり便がたまり便秘になると、
下腹がポッコリ出てきたり、お腹が張って苦しい思いをするものです。
そこでこれらを全て改善するために腸を刺激して動かすのに効果的なエクササイズは次になります。

■ウエストをひねって腸を刺激!
腸を刺激するなら体をひねる運動が一番手っ取り早いです。
仰向けに寝て脇を少し開いた状態で自然に両腕を置いたら、
片足を曲げて反対側へ持ち上げ体を捻りましょう。
この状態で5秒程キープしたら反対足も同じように行います。

★ワンポイント
・上半身はできるだけ動かさず頭を動かす足と反対側へ頭を動かすとより効果的
・この運動をするタイミングは、寝る前、食後、排便したい時などが効果的
立った状態で体をひねる場合
両足を大きく開き上半身を前方へ倒したら、
左手で右足のつま先、右手で左足のつま先をそれぞれ触るだけでも効果的です。

立った状態でやるのが不安定なら椅子に座り上体を左右にねじるだけでもOK!

引用元-腸を動かすのに効果的なエクササイズ |お腹の張り 解消NAVI

腸を動かすマッサージで便秘解消!

■「今スグできる」便秘解消法
(1)腹式呼吸

便秘の原因は(1)運動不足、(2)食物繊維不足、(3)便意があるのに我慢、(4)ストレス……など複数考えられますが、カンタンにできる便秘解消法としてまずオススメなのが「腹式呼吸」。

お腹は大きな血管がはしるところ。横隔膜が上下されることで一時的に血流が阻害されますが、その結果逆に、全身の血流が改善されて温まるんです。

<腹式呼吸効果を「グンとUPさせる」裏ワザ>

●腹式呼吸と同時にウエストを軸にツイスト運動

→外側からと内側からの刺激によって、腸の動きが改善されます。

●下腹部を意識しながら「肛門をすぼめ、開く」

(2)「腸ドレ出口」マッサージ
先ずは、肛門の手前である下腹部(『S字結腸』あたり)から刺激していきます。よく腸の動きに合わせて、「時計周り」にマッサージというのは聞いたことがあるかと思いますが、ここではあえて、 「反時計周り」に刺激マッサージしてみてください。刺激するのは、出口に近いところからですが、力を加える方向は、腸の動きに順行がマストですので気をつけてくださいね。

●左下腹部あたりから「あえて反時計刺激マッサージ」を指腹4本で強く押し込むようにマッサージ。3回ほどくりかえし。

●時計周りに同じ回数くりかえし

●手全体で便を流れに沿って圧し出すようなイメージで

※大腸を正しく刺激したいならば、おへそ周りをマッサージするのではなく、大きく円を描くように、「わき腹に近いところから」半時計、時計周りにマッサージして

高速道路の原理と同じで、出口にちかいところが動き出すと、スムーズに動き出す(排泄)できるものです。試してみてね。

引用元-便秘を放っておくと悲惨なことに…!リンパのプロが教える「腸クリーニング」マッサージ – Peachy – ライブドアニュース

便秘解消の体操!腸を動かす呼吸法?

■実践!便秘解消体操の前の「腸を動かすワンツー呼吸法」
便秘改善のための体操等はいろいろありますが、大腸の働きを促進するのは副交感神経であることから、呼吸法で副交感神経を刺激するということが有用であると言われています。
便秘外来の専門医であり、腸のスペシャリストと言われている順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生も、体操とともに呼吸法が大切であるとして『ワンツー呼吸法』というものを推奨しています。1で吸って、2で吐き出すという簡単な呼吸法なのでこう呼ばれています。
やり方は、お腹に手を当て5秒かけて鼻から息を吸った後、今度は倍の10秒かけて口から息を吐き出します。これを10回を目安に繰り返すだけですが、この呼吸法により副交感神経の動きが活発になり、大腸のぜん動運動が促されます。

■便がたまる脚のつけ根や肛門を刺激する門トレとは
便秘では、大腸の動きも大切ですがその出口となっている肛門の筋力が弱いと、なかなか便が出しにくくなり滞留便によりポッコリ便秘になる可能性が高くなってきます。
肛門括約筋を刺激して便秘を改善する方法は、小林弘幸先生が提唱している『門トレ』と呼ばれるものがNHKの番組でも紹介されていました。門トレには立って行う方法と座って行う方法があります。門トレのポイントは上体のひねりで、これにより便がたまりやすい脚のつけ根部分や肛門に刺激を与えます。

引用元-腸の専門家が伝授!腸を動かす呼吸法と便秘を解消するトレーニング – 美容のチカラ

便秘改善にも!腸を動かす腸もみの効果

腸の機能には、栄養の吸収と排泄のほかに、免疫の管理があります。すり傷が自然に治るのは自分がもともと持つ免疫によるもので、この機能を管理しているのが小腸と大腸といった「腸管」です。

腸もみの効果
①腸を動かす
②リンパや血液の流れを促す
③免疫力アップ

この効果によって、便秘の改善やダイエットだけでなく、肌荒れ、ニキビ、むくみ、冷え性など、体の不調をやわらげることができます。

また腸もみの刺激によって自律神経が整えられ、リラックスホルモンであるセロトニンの分泌も促されますから、快眠も期待できます。

腸もみは”ながら”でよいのです。座った状態でもできるので、トイレに行ったついでやテレビを見ながらでOKですが、やはり寝る前に行うのが一番おすすめです。半身浴をしながら行うのもおすすめです。

■腸もみのポイントと注意事項
1.刺激はご自分の手で行ってください。

2.行うタイミングとしては食後2時間以上空けましょう。

3.刺激の強さは「イタ気持ちいい」程度、痛みを与えず無理をしないように行いましょう。

4.妊娠中の方は腸もみをおすすめしません。食事でのコントロールをおすすめします。

5.手術後や投薬、通院をされている方は医師にご相談ください。

引用元-毎日すっきり!寝る前10分の、便秘解消法! – 腸セラピスト さん | 東洋羽毛工業 ピヨ丸ぐっすり.com

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 便秘の解消法

ページ
上部へ