放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘・吐き気・動悸の原因とは?体の不調の原因について

      2016/07/29

便秘・吐き気・動悸の原因とは?体の不調の原因について

便秘・吐き気・動悸にはいったいどんなことが原因なのでしょうか?

もしかしたら病気の場合も?便秘・吐き気・動悸から考えられる病気とは?

気になる便秘・吐き気・動悸の原因についてご紹介いたします!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘で吐き気や動悸がする原因とは?

便秘による吐き気と動悸の関係
動悸はキツイ腹痛が起こったあとに起こりませんか?それとも腹痛とは関係なく起こりますか?腹痛が起こったあとなら血圧の関係で、腹痛とは関係なければ自律神経の影響と考えられます。吐き気は腸が詰まってるので胃に不具合が起こりやすく荒れやすいので起こります。吐き気と動悸に直接の因果関係はありませんが、便秘という共通点ですべては起こってます。

まず「腹痛が起こったあとで起こる動悸」ですが、これは硬くなった便のかたまりが腸の中で動いて血圧の急激な変化が起こって心臓に影響を与えます。

大きくて硬いかたまりができると、腸の中で腸壁を圧迫したまま長くそこに留まります。厳しい環境でも腸は便を外へ追いだそうとしますから、その硬い便はいつか動きます。動いた時の痛みが腹痛で、動いて血流が急に戻り一瞬血圧が下がって心臓の動きを乱すのが動悸として現れます。

「腹痛に関係なくいつでも動悸がある」のは、長引く便秘によるストレスの影響で自律神経のバランスが崩れることによっても動悸がでます。心臓の動きを司ってるのは自律神経です。心臓の動きに乱れが出るのは当然といえば当然。更年期障害は自律神経の乱れから起こるものですが、この中に「動悸・息切れ」があるのは知ってる方も多いでしょう。

片方の理由で動悸が出てるのかもしれないし、ダブルコンボで両方の影響があるのかもしれません。
引用元-吐き気と動悸について | 頑固な便秘による腹痛・吐き気・体調不良に効果的な対策法

便秘・吐き気・動悸は心身症の可能性が・・・。

心身症と呼ばれる病気の種類
人によって出てくる症状は千差万別です。心身症としての要素がある病気の一例を見てみましょう。

体に現れる症状の一例
・過敏性腸症候群(腹痛・腹部違和感・下痢・便秘・ガスが溜まる)

・口腔心身症(舌痛・不定痛(痛む場所の特定ができないのに痛む)・口腔内乾燥)

・緊張型頭痛(肩や首筋の張り・頭痛・頭が重い感じ)

・白衣高血圧(動悸・頭痛・のぼせ感・発汗)

・過換気症候群(息苦しさ・動悸・めまい・手足のしびれ・嘔吐感・意識消失)

心と体の不調を見逃さないで

心の不調というのは、いつどこで起こるかわかりません。仕事がうまくいかないなど自分にとって、「嫌だなぁ」と感じることや、人間関係・金銭関係など生活のいたるところで不調の原因となるストレスを感じるものです。それらが溜まると体に異変を起こしやすくなります。

心身症を疑う前にまず医療機関へ
一番危険なのが自己判断です。ストレスが原因で起こっているものばかりではないということを前提として考えておかなければ、重大な病気を見逃してしまうことになります。そんなことにならないために、おかしいと思う症状があったら、医療機関を受診をすることが必要です。心身症を疑うのはそれからになります。
引用元-動悸、腹痛、頭痛など慢性化している体の不調は心身症かも?|トピックスファロー

便秘・吐き気・動悸は自律神経の乱れのせいかも?

自律神経失調症とは

はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。全身倦怠、めまい、頭痛、動悸(どうき)、血圧の上下、下痢(げり)、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といったさまざまな症状があり、数えきれません。ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。
引用元-自律神経失調症 症状チェック – メディカルiタウン

自律神経とは

自律神経には内臓や血管のはたらきをコントロールする神経で、血圧、心拍数を上げたりする交感神経と、その反対のはたらきをする副交感神経があります。交感神経は活動的な昼間に、副交感神経は安静時の夜間に活発になります。

自律神経失調症になりやすいタイプ

生まれつき敏感で緊張しやすい人がなりやすい病気です。神経質で小さいことでも気になったり、悩んでしまうタイプです。そこにさまざまなストレスが加わり、自律神経のバランスがくずれてしまいます。

自律神経失調症の治療

ストレスの軽減や、夜ふかしなどの生活習慣の改善などを図ることが第一です。ストレスの軽減療法としては、自己催眠による自律訓練法などがあります。自覚症状がひどい場合には、症状を抑えるために抗不安薬やホルモン薬を服用することもあります。
引用元-自律神経失調症 症状チェック – メディカルiタウン

便秘・吐き気・動悸は更年期の場合も

更年期障害

こんな症状のとき のぼせや熱感、冷え、動悸。
頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、憂うつ感、イライラ。
手足のしびれ、知覚過敏、むずむずと虫が走るような感じ、かゆみ。肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛。
発汗、口が渇く、唾液がたくさん出る、皮フが乾く。
食欲不振、便秘、下痢、吐き気、腹部膨満感。
頻尿、残尿感、血尿など。
このような症状が更年期になって複数現れてくる。
引用元-更年期障害の症状・治療・診療科目 | 健康Salad

病気について
女性の閉経をはさんだ前後10年間を更年期と呼びます。45歳から55歳くらいが女性の更年期となることが多いようです。
更年期にはさまざまな体の変化と自覚症状が起こりますが、症状がとても強く、日常生活に支障をきたすほどとなり、治療が必要になった場合を更年期障害と呼びます。

更年期の体の変化に大きな影響を与えているのは、老化による卵巣機能の低下によって起こるホルモンの変化です。これが結果的に、体温や呼吸、血圧の働きなどを調整し、喜怒哀楽などの感情の動きをつかさどる脳の視床下部に影響を与え、さまざまな症状を引き起こします。
引用元-更年期障害の症状・治療・診療科目 | 健康Salad

その便秘はもしかして冷えからかも?

冷え性と熱症
冷え性と熱症の分類は、寒熱という基準で分ける体質分類です。身近な人を思い浮かべると分かりやすいです。冷え性は①手足の冷え②お腹の冷え③のぼせ④肩こり⑤生理不順、生理痛⑥便秘⑦腰痛などの症状があります。脈をみると、脈は細く沈んでいる、ちょうど川が細くチョロチョロ状態という沈細微という脈の状態です。冷え性の人は低血圧タイプで、話し声も小さく、元気に乏しい感じです。病気もエネルギー不足で起こる(虚という)弱る病気になります。熱症の人は高血圧タイプで、筋肉質の人、元気旺盛で食欲も旺盛なタイプです。

このタイプの人は脈も太く、身体は温かで声も大きいのです。エネルギーがありますから、食べ過ぎ、睡眠不足、働きすぎなど無理をしすぎて病気になりやすいのです。病気になると激しい症状を起こします。
引用元-よくある症状と治療法

血液の流れが速くなると身体が温まります。この時どういうことが起こっているのでしょうか?血流がよくなると、ひとつひとつの赤血球や白血球の動きが速くなるので、栄養素と酸素を持った赤血球が身体の隅々まで行き渡るのです。

また、ガンを殺したり、異物を退治する白血球の動きが速くなるので悪いところに白血球が届きやすいのです。だから身体を温めて血流を良くする事が大事なのです。
引用元-よくある症状と治療法

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/ReiRei32049284/status/750002017137889280
https://twitter.com/outkerti/status/749989258413219840

 - 便秘と体調不良や病気との関係

ページ
上部へ