放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘の害にはいったいどんなものがあるの?便秘の害について

      2016/07/28

便秘の害にはいったいどんなものがあるの?便秘の害について

便秘になると起きる嫌な害・・・。疲れやすいのや、肌荒れ、いろいろな症状は便秘のせいかも!?

便秘になるといったいどのような害が起こってしますのでしょうか?

すぐに便秘を解消しないと大変なことに!?気になる便秘の害についてご紹介!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘になるとこんな害が!?消化吸収が悪くなる!

便秘になると消化吸収が悪くなるので、栄養がちゃんと摂り込むことができなくなります。

お腹には腸内細菌の
・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌(どっちつかずの菌)
が住んでいます。

これら3つの菌が程よいバランスで存在していれば、腸内環境は良好な状態なので毎日が快便で心も体も健康で過ごすことができます。

ところが生活の乱れ、食生活が乱れると悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化してしまうのです。それで便秘になってしまうというわけなのです。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが崩れると腸内環境が悪化するので、腸の活動も鈍くなり、便秘が引き起こされるのです。

悪玉菌のエサとなる食生活を控えることが大切!
腸内環境にもっとも影響を与えるのは食生活です。

悪玉菌のエサとなるお肉などの動物性たんぱく質をたくさん摂っていると、日和見菌が悪玉菌になびくので、悪玉菌はどんどん増えていきます。

善玉菌が減ってしまうので、腸内細菌のバランスが崩れ便秘になってしまうというわけなのです。
引用元-便秘になると消化吸収が悪くなる!腸内細菌のバランスが大事です!

便秘の害でガンになる可能性が!?

便秘がガンをひきおこす

便秘によって、発ガン物質などの毒素も腸に滞る

便秘が大腸がんをひきおこす原因になるといわれています。

便秘によって腸内に悪玉菌が大繁殖して発ガン物質や活性酸素などの有害物質を発生させます。

この有害物質が腸の粘膜を傷付けることで、そこから大腸ポリープや大腸がんが発生しやすくなります。

特に便が溜りやすいS状結腸から直腸で大腸がんの70%~80%が起こっています。

大腸ガンになりやすい人は、乳ガンにもなりやすいといわれていますので特に注意が必要です。

腸内環境はは食生活にも大きく関係してきます。

肉などの動物性たんぱく質を過剰に摂ると腸内環境によくないので、食生活を改善し植物性タンパク質や食物繊維、乳製品などを摂るようにしましょう。
特にオリゴ糖は腸内環境改善に効果があるので、不足しないように心がけましょう。
引用元-便秘の害は、こんなに怖い! | 便秘にはオリゴ糖がおすすめ!妊娠中や赤ちゃんにも安心です♪

便秘の害は病気だけじゃないんです!?

ストレスがたまる

腸は「第2の脳」といわれており、様々なホルモンや神経伝達物質も作られています。
幸せを感じる「セロトニン」という脳内物質の、なんと95%が腸で作られていると言われています。

セロトニンは心のバランスを整える大事な物質で、不足すると「鬱」の原因に。
腸内環境が悪いとセロトニンの分泌も悪くなり、ストレスがたまりやすくなります。「便秘になるとイライラする!」のはこの為だったのです!

体臭が臭くなる

悪玉菌によって発生した「アンモニア」などの有害物質が、腸から吸収される事はお話ししましたね。有害物質は血液に混ざり、全身を巡ります。
そして汗や息と一緒にでてくるので、便秘の時ほど体臭がきつくなるのです。

太りやすくなる

便秘になるとたまった便のぶん、お腹がポッコリしてしまいます。
また食べ物が通常よりゆっくりと腸を巡る事になるので、余分な糖や脂肪まで吸収されてしまい、太りやすくなるのです!
引用元-便秘対策をさぼっている人必読!ホントに怖い便秘の害とは? | 女性の美学

便秘が頭痛の原因に!?

頭痛は便秘の初期症状!早めに適切な対策をしないと大変

頭痛が起きる原因は多岐にわたりますが、便秘のような腸内の不具合が原因の場合は初期症状として頭痛が起きる確率が高いです。その理由は非常に単純なことです。

それは、心臓から押し出された血液が頭から足先まで全身くまなく循環しているからです。
特に脳に栄養分を血液で運ぶため、心臓は重力に対抗して最大限にポンプを働かせます。

その結果腸内の不具合によってできた悪玉菌の出す毒素が血流に乗って頭部に到達するわけですから頭が痛くなるのは当然です。

頭痛を解消するには、便秘の解消(排便)以外方法はありません。
なお、他の病気が関係していなければ、排便することにより頭痛は徐々に治まってきますので不安を抱く必要はありません。

便秘を解消するためには、適度な運動および適切な食生活を心掛けることが大切です。
なお、便秘薬に頼ると慢性化しますのでできるだけ使用は控えましょう。

適度な運動としては、朝食前後の散歩やジョギングそして腹筋運動などがあります。なお、頭が痛いとき運動をすれば悪化する場合がありますので、軽い体操や屈伸運動にとどめましょう。
引用元-便秘の即効解消法!ツラい腹痛にサヨナラしよう!【腸内宣言】

便秘解消に大切なのは腸内環境!

便秘の害に対処するには腸内環境を整えること!

便秘になると便がきちんと排泄されないわけですから「腹部膨満感」が起こり、便秘の程度によっては「腹痛」や「食欲不振」や「吐き気」などの症状が起こることもあります。

それに血液に毒素が混じるのですから、基礎代謝が低下して「太りやすくて疲れやすい体」になったり、「肌荒れ」や「吹き出物・ニキビ」など、美容への悪影響も生じます。

それだけではありません。毒素によって自律神経のバランスが乱され、「頭痛」や「めまい」や「肩こり」などの症状も併発させることもあります。

さらには、自律神経が乱れると精神的にも支障をきたし、「イライラ」や「不眠」となって表れることもあります。

このような便秘がもたらす害に対処するには、お通じを改善して悪玉菌を増やさないように、腸内の環境を整えるしかありません。

腸内環境を整えることは、単に便秘を予防して健やかな体を維持するだけでなく、他にもメリットがあるのです。
引用元-便秘・宿便の害と便秘予防のメリット|お通じ改善に効果的な方法を知る

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/brmn_4ever/status/707702116656095232


https://twitter.com/sakuras32214459/status/704495358726942720

 - 便秘と体調不良や病気との関係

ページ
上部へ