放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘や胃もたれの原因とは?気になる便秘や胃もたれについて

      2016/07/28

便秘や胃もたれの原因とは?気になる便秘や胃もたれについて

便秘や胃もたれの原因にはいたいどのようなものがあるのでしょうか?

実は便秘が胃もたれの原因だった!?便秘も胃もたれも日ごろの生活態度が大きく関係しているようです。

気になる便秘や胃もたれについてご紹介いたします!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘は胃もたれを引き起こす!?

便秘の約半数には胃もたれや胸やけなどが併発

私の臨床経験では、便秘で受診された方の5割以上の方は、胃もたれなどを訴える機能性胃腸症(FD)や胸やけなどを訴える胃食道逆流症(GERD)を併発しています。ですから問診時には胃もたれや胸やけなどの上部消化器症状の有無についても聞くようにしています。

ここで、ひとつの症例をご紹介しましょう。
ご高齢の女性患者さんですが、便秘の重症化を主訴に受診されました。

問診の結果、下記のような胸やけ、胃もたれ、呑酸などの症状を有することから、便秘にFD、GERDを併発している可能性が高いと考えられます。

症例

70歳代後半の高齢女性。便秘の重症化を主訴に家族(娘)に付き添われて受診。

<問診結果>
・脳卒中の後、便秘が継続し重症化、下剤の服用量が増えている。
・排便は週に1、2回程度。急な腹痛を伴い、水様性の便が出る。排便後もすっきりしない。
・食事は、食欲がないので1日に1~2回、お茶漬けのようなあっさりしたものを少し食べる程度。
・便秘のほかに胸がジリジリやけるような感じがしたり、食事の後に胃がもたれることがある。げっぷが出たときは口の中が酸っぱくなる。吐き気は無い。

問診で探る便秘の原因

便秘の原因を突き止め、適切な治療を行うには、問診がとても大切です。
私は、便秘の患者さんには排便回数だけでなく、便の量、形や固さ、排便時のいきみ、残便感などについて聞くようにしています。
以前よりも明らかに排便回数が少ない、便の量が減っているといった場合には、腸の働きが低下していると考えられます。
消化管は一本の管ですから、腸の働きが低下しているときは胃の働きも鈍くなっていることがあり、FDやGERDを併発していることが少なくありません。
引用元-医療法人社団幸樹会 おゆみのクリニック・千葉大学医学部附属病院 |ドクターからのメッセージ 消化管|大日本住友製薬

便秘や胃もたれはきちんとした食生活が必要!

機能性疾患でも三食きちんと取る

重い病気ではなく、機能性疾患とわかれば、私は「まず1日3回、きちんと食事を取りましょう」と申し上げます。
そうすれば、胃腸が朝、昼、夜というタイミングで働くので、1日のなかで体にも生活にもリズムが生まれます。
それは動物である人間の本来の姿ではないでしょうか。

人間の生体のリズムは、自分の意志では制御できない自律神経につかさどられています。
自律神経には活動モードの交感神経と、休養モードの副交感神経があって、両者のバランスがとれていれば調子がよいのですが、ストレスがかかるとバランスを崩しやすくなります。
胃腸も自律神経にコントロールされているので、ストレスに弱いのです。
胃腸の機能性疾患には、この自律神経のアンバランスが深く関わっています。

ひと昔前は、病気があったらとことんやっつけるのが医療でした。
しかしいまは、病気と一緒に楽しく生活しようという考え方も市民権を得ています。慢性疾患が増え、QOLを重視する医療が求められるようになってきたからでしょう。胃腸の機能性疾患は、まさにこの考え方にのっとって治療していくべき病気です。
引用元-胸やけ、胃もたれ、便秘……おなかの不快症状の原因は? | 笑顔をつくる おなかの医学 | 尾高健夫 | 毎日新聞「医療プレミア」

便秘や胃もたれはもしかしたら低血圧かも?

・胃もたれ

吐き気と同様、低血圧の人の多くが胃もたれや食欲不振を訴えます。
低血圧の人は、ぜん動運動が弱いため胃腸が活発に動かず、胃もたれや食欲不振になりがちです。

まずは、規則正しい生活をして、適度な運動、ストレスを溜めないなどの心掛けも大切。
また、お腹の調子を整えるという意味では、水分補給も欠かせません。

善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きを持つオリゴ糖を摂取するのも有効です。

・便秘

同じく、便秘も胃腸のぜん動運動が弱いことが原因です。
低血圧の人はたいてい便秘を訴え、毎日、下剤を飲んでいるという人も多いようです。

低血圧の人がなりやすい便秘は、「れん縮性便秘」というもので、腸内にガスが発生しやすくなり、さらに腸が動くために腹痛を起こしやすくなります。
れん縮性便秘の場合は、胃腸のぜん動運動の働きを高めるのは逆効果。
消化の良いものを食べるよう心掛けるようにしましょう。

また、低血圧の人に多い神経質という特徴もまた、便秘を引き起こす原因のひとつと考えられています。
少量の精神安定剤を服用することで、症状が良くなることもあるそうです。
引用元-【吐き気・胃もたれ・便秘・下痢】低血圧の症状まとめ

便秘にもなってしまう胃もたれの原因について

脂っこいものを食べると胃に負担がかかり胃もたれの原因になるとお伝えしましたが、それなら消化の良いものを食べると胃もたれにならないと言う事になります。

しかし、実際には消化の良いものを食べていても胃もたれになる場合もあります。
その原因は胃が弱っているという事が原因です。
胃の状態が正常でないと胃酸の酸度が低いか胃酸そのものが少なく、食べたものを消化する事ができずずっと胃の中にある状態になります。

逆に胃酸がですぎると胃もたれではなく胃痛になります。
胃酸というのは食べ物を消化する為に必ず必要なもので少なくても出すぎてもダメなのです。

胃酸が無くては、消化が始まらないのです。
胃酸が正常にでなくなる、または出過ぎる原因は、さまざまですが、ストレスなどにより自律神経が乱れ、胃腸が正常に働かなくなる場合があります。

解消方法は自律神経のバランスを整える必要があります。
この胃腸が弱っているという状態ですが、強くすることで食べ過ぎたり脂っこい食事をした場合でも胃もたれをしにくくなります。
引用元-胃もたれを治す!解消方法と体験談

胃もたれを予防するには?

予防法

1、脂っこい食事を控える

食事は、脂っこいものばかりを食べないように注意し、よく噛んで食べ、量は腹八分目を心がけましょう。

また、不規則な時間に食事をとることは胃に負担をかけますから、規則正しい時間に食事をとるようにしましょう。

また胃の粘膜を刺激し、胃の機能を低下させる強いアルコールやタバコはなるべく控えましょう。

2、食後に休息をとる

食べ物を消化するためには多くの血液が必要です。
食後すぐに仕事をしたり、外出したり、お風呂に入るなど体を動かしてしまうと、消化に必要な血液が手足に流れてしまいます。
食後30分はゆっくりと休む習慣をつけましょう。

3、ピロリ菌を除菌する

病院でピロリ菌検査を受けると、ピロリ菌感染の有無がわかります。
いくつか検査方法がありますが、吐いた息で検査するなど、比較的どれも簡単なものです。
そして、このピロリ菌は病院で処方された薬を服用するだけで痛みもなく除去することができます。
除菌をすることにより、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、さらには胃がんを予防することや、潰瘍の再発を抑える効果も認められています。
引用元-胃もたれ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 便秘と体調不良や病気との関係

ページ
上部へ