放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘にマグネシウムが効果的な理由について解説します!

      2016/07/28

便秘にマグネシウムが効果的な理由について解説します!

便秘治療に用いられるマグネシウムのメリットとは?
マグネシウムを多く摂取すると小腸での吸収率が下がります。
そのため大腸まで残ったマグネシウムは、マグネシウムイオン濃度が高くなり大腸の中では浸透圧が高くなります。
すると腸管から水分が吸収されにくくなり、便は水分を含んでやわらかい便となりスムーズに便が排出されやすくなるということです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘に酸化マグネシウムが効果的?

■なぜ酸化マグネシウムが便秘に効果的なのか

酸化マグネシウムが便秘に効果的なのは水分を補ってくれるためです。

便秘が慢性化する主要な原因のひとつには、大腸内の便の水分不足があります。
水分が足りないと便が硬くなるため排便しにくく、容積が小さくなるため大腸を十分に刺激せず、蠕動運動が起こりにくくなります。

そうして腸内に溜まった便は、ますます水分を奪われてしまい、ますます出にくくなるという悪循環に陥りがちです。

水分不足を解消するためには水分補給をすればよいのですが、便秘が慢性的になっている場合はたくさん水を飲んでも腸内でほとんど吸われてしまうという事態になりがちです。

そこで、酸化マグネシウムの力が発揮されるのです。

■酸化マグネシウムが便秘に効くメカニズム

酸化マグネシウムには、体内を通過する際に水分を吸収する性質があります。

そうして蓄えた水分は腸壁から再吸収されることがないため、便をやわらかくするとともに、便のカサを増して腸に刺激を与えることができるというわけです。

他に、胃酸を抑える作用もありますので、胃炎や胃潰瘍にも効果があります。

胃の調子が悪くても便秘を引き起こすことがありますので、あわせて消化器の調子を整えることもできるのが嬉しいです。

引用元-【医師が監修】便秘の薬(3)酸化マグネシウム | ヘルスケア大学

便秘の治療薬の酸化マグネシウムについて

■マグミット、マグラックス(酸化マグネシウム)の作用機序:便秘症治療薬

潰瘍や胃炎など、消化器が関わる疾患は多くの人に発症します。
胃のむかつきや胸焼けなど、これらは胃の状態と密接に関わっています。

また、なかなか便が出ない状態に悩まされている人も多いです。いわゆる便秘です。腸内に便が長くとどまると、便が固く小さくなります。
これによって腸への刺激が少なくなるので、さらに便秘になるという悪循環に陥ります。固い便によってお尻が傷つくこともあります。

そこで、これら潰瘍・胃炎などの消化器症状や便秘などの疾患を治療するために使用される薬として酸化マグネシウム(商品名:マグミット、マグラックス)があります。酸化マグネシウムは制酸薬や塩基性下剤と呼ばれます。

酸化マグネシウム(商品名:マグミット、マグラックス)の作用機序
・制酸薬としての酸化マグネシウム
消化を助けるため、私たちの胃には胃酸が分泌されています。
胃酸の正体は塩酸であり、強力な酸です。塩酸(胃酸)は金属を溶かすくらい強く、その作用によって細菌を殺すことができます。

ただし、胃酸の分泌が多くなると、胃酸が「胃そのもの」に対して攻撃を始めることがあります。
胃酸が細菌を溶かすのと同じように、胃も溶かしてしまうのです。
この状態が進行すると潰瘍が起こり、胃に穴が開いてしまいます。

これを改善するためには、胃酸の作用を抑えれば良いことが分かります。
「酸がなければ潰瘍もない」と言われており、胃酸の働きを抑制すれば潰瘍も治療できます。

引用元-マグミット、マグラックス(酸化マグネシウム)の作用機序:便秘症治療薬

便秘薬3Aマグネシアと酸化マグネシウムとの違いは?

■3Aマグネシアと病院でもらう酸化マグネシウムの違いとは?
便秘で病院のお世話になったことはありますか?

病院からお薬をもらったことがある人ならご存知でしょうが、病院でもらう薬も「酸化マグネシウム系」が多いです。

3Aマグネシアも酸化マグネシウム系ですが、どこが違うんでしょう?

第一に市販薬と処方薬という違いがありますが、まぁこれは置いといて。

病院でもらう薬は強いイメージがありますが、一方の3Aマグネシアは低刺激性を売りにしていますよね。

でも、どちらも酸化マグネシウムであることに違いありません。ただ、3Aマグネシアの方は、”活性”酸化マグネシウムです。

ここに違いがあるのかと思い、詳しく調べてみたところ、どうやら保水力が高いらしいです!

活性酸化マグネシウムは保水力が高いため、便秘の原因になる硬い便を柔らかくする作用があります。

とはいえ、基本的にはほぼ同じものと考えて問題ないそうです。

あとは値段などの違いですね。

処方薬の方が安いイメージもありますが、通院の手間などを考えると、3Aマグネシアの方がお得かも?

そもそも3Aマグネシアは大容量で安いですし、口コミでも「処方薬からこちらに切り替えた」という人も居ました。

引用元-便秘薬3Aマグネシアは効果ある?酸化マグネシウムとの違いは? | ぶりっ子のおすすめ便秘解消法~どうしても治らないあなたへ~

便秘治療に用いられるマグネシウムのメリットとは

■浸透圧で水分を吸収させない

体にとって欠かせないミネラルのマグネシウムですが、マグネシウムの薬理作用を利用して便秘治療に用いられてもいます。

マグネシウムを多く摂取すると小腸での吸収率が下がります。
そのため大腸まで残ったマグネシウムはマグネシウムイオン濃度が高くなり大腸の中では浸透圧が高くなります

すると腸管から水分が吸収されにくくなり便は水分を含んでやわらかい便となりスムーズに便が排出されやすくなります。

■マグネシウムのメリット

マグネシウムは副作用がありませんのでたくさん摂取しても問題はありません。
便秘薬と違い服用しても痛みをともないません。
妊婦さんや子供さんでも服用でき、妊娠中の便秘症状に病院からよくマグネシウムの服用を勧められます。

水をたくさん飲んだり水分をいくらとっても水分がなくかたい便しか出ない方にはマグネシウムが効果的です。

引用元-かたい便はマグネシウムでやわらかくする | わたしの便秘解消法

酸化マグネシウムの便秘への効果

酸化マグネシウムは便秘薬に含まれる成分のことで便秘をやさしく解消してくれるため、妊婦さんの便秘によく病院で処方されます。

ここでは酸化マグネシウムの便秘への効果と酸化マグネシウムを使用した下剤と飲み方の紹介したいと思います。

■酸化マグネシウムの便秘に対する効果

酸化マグネシウムがなぜ便秘に効果的なのかといいますと

酸化マグネシウムは食物が腸を通過する際に、
腸管から水を吸収して便に含ませることで柔らかくする作用があります。

ですので、便が固くなってしまっているタイプの直腸性便秘には効果的です。

■酸化マグネシウムはどれくらいで効く

酸化マグネシウムを服用することによってどれくらいで効くのか?
その効き目の時間としては約7時間前後とされています。

遅い人でも3日あれば効果が出てきます。

引用元-酸化マグネシウムの便秘への効果と副作用!

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 便秘の雑学

ページ
上部へ