放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘改善に!バナナがいつでも食べれて効果的です!!

      2016/07/28

便秘改善に!バナナがいつでも食べれて効果的です!!

便秘解消にバナナ良い!いつ食べると効果的なのか?
バナナには便通にいい栄養素がたっぷり含まれています。食べる時間は、朝でも夜でも時間帯はいつでもいいと思います。
できれば1日1~2本、ヨーグルトと一緒に食べるのが効果的でいいでしょう。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌との相乗効果で、腸内環境を整える効果が高まります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘解消にバナナ良い!いつ食べると効果的なの?

■便秘解消にバナナが効くの?いつ食べると効果的?

バナナは便秘をよくする食べ物だと言われていますが、本当でしょうか?

はい。その通りです。

バナナには、便通にいい栄養素がたっぷり含まれているからです。
オリゴ糖、食物繊維、カリウム、マグネシウム、難消化性デンプンなどですね。

特に、バナナに含まれるフラクトオリゴ糖には、整腸作用を促す働きがあるほか、ミネラルを吸収・促進する作用にも優れていますからね。
一緒に食べたもののミネラル分を効率よく利用できるので、便通にもいい影響をあたえるのでしょうね。

不溶性食物繊維・水溶性食物繊維もバランスよく含まれていますから、バナナを食べた日の翌日に、するん♪とした気持ちいいお通じを経験した人が多いのもうなずけますね。

■バナナはいつ、どのようにして食べるのがいい?

朝でも夜でも、時間帯はいつでもいいと思います。
できれば1日1~2本、ヨーグルトと一緒に食べるのがいいでしょう。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌との相乗効果で、腸内環境を整える効果が高まりますからね。

特におすすめなのは、まだ熟していない青っぽいバナナです。
青いバナナに多く含まれる“難消化性デンプン”が、腸に届いた後、「酪酸」という物質に変わり、善玉菌のエサになって腸の動きが活性化されるので、お通じもよくなります。

残念ながら、バナナは熟すほど難消化性デンプンが少なくなってきますから、お通じを改善したい方は、味は落ちますが、熟す前のバナナを選ぶようにしましょう。

引用元-便秘解消にバナナが効くの?いつ食べると効果的?

いつ食べるのが良い?便秘解消にバナナがお手軽です!

■便秘解消にバナナはいつ食べるべき?

果物には食物繊維が豊富なものが多いですが、中でもバナナには多く含まれています。

さらに、腸内の善玉菌の栄養源となるオリゴ糖、ビタミンCもたくさん含まれているので、便秘を解消するにはおすすめの食材です。

「バナナを食べると太る」と思われている方も多いようです。

糖分も多いため、確かに食べ過ぎるとよくありません。

便秘対策には、朝食に1~2本ほど食べることをおすすめします。

栄養のたっぷり摂れるバナナは朝食には最適のエネルギー源となります。

便を排出するための腸の運動が最も活発になりやすいのは朝の時間帯。

忙しくて時間がなかったり、ダイエットのために朝食を抜いてしまう人がいますが、朝食を食べることで腸が刺激されて便が排泄されやすくなりますので、是非食べていただきたいです。

朝、腸の働きが活性化されると、全身の新陳代謝も活発になるので、エネルギーを消費しやすくなります。

バナナは簡単に用意ができるので、忙しい時でもおすすめです。

引用元-便秘解消にバナナはいつ食べるべき?効果と食べ方 – 便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

いつでも食べれるバナナで便秘解消を!

1.便秘に効果のある果物と働き

便秘に効く果物といえば食物繊維が豊富なものが挙げられます。
便秘解消のためには食物繊維が効果的だというのは有名な話ではないでしょうか?

これは、食物繊維は消化されずに便の元になる他、腸を刺激して排便を促す働きを持っているためです。
そこで、食物繊維を豊富に含む果物を中心にご紹介しましょう。

1-1.バナナ

以前、朝バナナダイエットというものが流行ったのはご存知でしょうか。
朝バナナダイエットもバナナに含まれているたくさんの食物繊維が便秘を解消することによってダイエット効果が得られるという仕組みでした。

バナナには食物繊維の他、レジスタントスターチというでんぷん質が含まれているのですが、このでんぷん質も食物繊維と同じく消化されにくいという特徴を持っています。

それから、バナナにはフラクトオリゴ糖と呼ばれるものがたくさん含まれており、腸内の善玉菌を助ける働きを持っているというのも特徴です。
便秘気味になってしまうと腸内では悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなってしまいます。
これを解消するためにもバナナを積極的に取り入れ、腸内環境を改善しながら便秘解消を目指しましょう。

1日あたり1~2本を食べると効果的です。
また熟し切ったものよりも若いバナナのほうが便秘解消に効果的なので、硬い状態で買ってきて早めに食べきるようにしましょう。

引用元-便秘は果物でおいしく解消! 効果を高める食べ方や注意点は?

バナナは便秘に効果的な果物

バナナは、便秘に効く食べ物として有名です。柔らかな食感から、いかにも消化に良さそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

■バナナは便秘に効果的

結論から言えば、バナナは便秘解消に有効です。
毎日1~2本程度を目安に食べるようにすると、効果が期待できます。
1本あたり約80kcalとカロリーも低いため、安心して食べることができます。

ただし、注意したいのは選び方。熟し切ったバナナでは、効果が薄れてしまいます。

■便秘に効果的なバナナとは?

便秘を解消したいのであれば、まだ青いままのバナナを選ぶようにしましょう。
青い状態のバナナには、レジスタントスターチという消化されにくいでんぷん質が多く含まれています。

レジスタントスターチは、でんぷん質でありながら食物繊維と似たような作用、しかも水溶性・不溶性の両方の性質を兼ね備えていると言われています。
小腸で吸収されず大腸に届いたレジスタントスターチは、腸内の善玉菌によって発酵されて、酢酸やプロピオン酸、酪酸、コハク酸などの有機酸に変換されます。
このような有機酸は腸内を弱酸性に維持する効果があり、悪玉菌を抑制し善玉菌が増えやすい環境を作ります。

■バナナは食物繊維も含有

食物繊維と似たような作用を持つレジスタントスターチの他、バナナが便秘に効果的なのは食物繊維が比較的豊富なためです。

と言っても、バナナ以上に大量の食物繊維を含んでいる食材は他にもたくさんあります。
バナナの食物繊維含有量はせいぜい100gあたり1.5g程度で、これはカボチャや豆類などと比較するとかなり少ない数字ですが、果物の中では多い部類に入ります。

引用元-【医師が監修】便秘を解消する食べ物(6)バナナ | ヘルスケア大学

便秘対策に最適なバナナ。いつ食べるのがいい?

■便秘対策にバナナ。いつ食べるのがいいか

便秘対策としてバナナを食べる。

昔からよく知られた便秘解消法のひとつですよね。

私も便秘をよくするためによく食べてましたし、実際、バナナをしっかり食べることで便通もかなり良くなっています。

もちろん、今でも食べます。

栄養価も高いですしね。

では、便秘を改善するためにはバナナをどの時間帯に食べるのがいいのでしょうか。

朝か昼か夜か。

少し考えてみましょう。

■朝食がおすすめ

以前、朝バナナダイエットというのが流行りましたね。

朝はバナナと水だけ。

このダイエット法自体、いろいろな意見がありますが、私は便通を良くする意味では悪くないと思っています。

1日に3食すべてでがっつり食べるというのは、人によっては胃腸などの内臓器官に大きな負担がかかります。

負担がかかる、要するに、その人が本来持っている消化吸収能力以上に食べてしまうことで、消化不良分がでてしまうということ。

そして、その消化不良分は大腸にどんどん溜まっていき、それが積み重なって便秘になります。

なので1日2食にすることで、体調が良くなり、便秘も同時に解消されたという人も多いんです。

引用元-便秘対策にバナナ。いつ食べるのがいいか : 便秘と腸内環境

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/o0ayumin0o/status/710115155124727808

 - 便秘と食べ物や飲み物の関係

ページ
上部へ