放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘の原因はldlコレステロール?減らす方法をご紹介します!

      2016/07/28

便秘の原因はldlコレステロール?減らす方法をご紹介します!

便秘の原因はldlコレステロールだった!?ldlコレステロールが高いと体にどんな影響があるのでしょうか?

もしかしたら便秘は病気の予備軍なのかもしれません。

気になる便秘とldlコレステロールの関係についてご紹介いたします!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘とldlコレステロールの関係とは?

コレステロールと便秘には関連性がある…!?

多くの女性が悩んでいる便秘に、血中コレステロールとの関連性が指摘されているのをご存じでしょうか?
実際、慢性的な便秘に悩まれている方は血中コレステロール値が高いことが多く、同一のリスクファクターを持っている可能性があるのです。
引用元-コレステロール対策のマル秘テク〜便秘と高脂血症をW克服!

コレステロールと便秘の相関関係

実は、便の黄土色は胆汁酸という肝臓で作られる物質の色であり、便自体の色ではありません。役割を終えた胆汁酸が腸の中に排出され、便と同時に出ているのです。
そして、この胆汁酸を作るための材料の1つに、LDL—悪玉コレステロールが含まれているのですが、ご存じだったでしょうか?

便が出ないと、使い終えた胆汁酸を捨てることが出来ませんから、新しく胆汁酸を作る活動が停滞してしまいます。
そのため、原料となる悪玉コレステロールが消費されず、LDLが肝臓に戻らず、血中を漂ったままになってしまうのです。これが、慢性的な便秘によってコレステロール値が上昇する理由。
便秘気味で、かつコレステロール値が高い…という方は、便秘を緩和させることでコレステロール値が下がる可能性があるのです。
引用元-コレステロール対策のマル秘テク〜便秘と高脂血症をW克服!

便秘だけではすまない!?ldlコレステロールで動脈硬化に!?

コレステロール値を下げるには食事制限よりも腸内改善?LDLが高めな方注目

コレステロールを摂りすぎると良くないとわかっていても、コレステロールの多いものはおいしいですよね。
から揚げにマヨネーズとか、お肉にマヨネーズはコレステロール値も高いですし、脂肪も気になるもの。でもおいしいのでかなりパクパクと食べてしまいます。

コレステロール値が高いとさまざまな病気になりかねません。動脈硬化や心筋梗塞・・・重たい病気になる可能性がぐーんとあがります。

LDLと呼ばれている悪玉コレステロールは、肝臓に貯蔵されているコレステロールを血液を介して全身へと運んでしまうのです。
LDLが増えると血液にコレステロールがたまり、あふれたものが血管組織の中へと入り込んで変身。変身してしまったコレステロールは、重なって血管壁にぺたりとくっつきます。
そうして血流が悪くなり、動脈硬化になるんですね。
引用元-コレステロール値を下げるには食事制限よりも腸内改善?LDLが高めな方注目

便秘になるldlコレステロールを下げるには?

酒粕には、LDLコレステロールを下げる効果があるそうです。

なぜ、LDLコレステロールを下げる効果があるのでしょうか。それは、酒粕に含まれる「レジスタントプロテイン」です。

レジスタントプロテインとは、消化されにくいたんぱく質です。レジスタントプロテインの特長は2つ。

1つは、消化されにくいこと。

もう1つは、油を捕まえること。

その特長は「油をガッチリ捕まえること」。
酒かすを食べたとき体の中では…レジスタントプロテインは消化されにくいのでそのまま小腸へ。

そこで、コレステロールなど食品の脂質や食べた油を捕まえ消化吸収されることなく体の外まで運び出してくれるんです。
そのため、LDLコレステロール値が低下。
引用元-酒粕には動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを下げる効果がある!?

ldlコレステロールを減らすのは食物繊維!

食物繊維でLDLコレステロールを下げる

便秘を解消したり、大腸がんの予防に効果的として知られている食物繊維は、LDLコレステロール値を下げる働きもあります。

脂肪を消化するのに必要な胆汁酸は、LDLコレステロールを原料に肝臓でつくられ、肝臓から十二指腸に分泌されます。胆汁酸は消化の役目を終えると小腸で吸収されて肝臓に戻りますが、腸の中に食物繊維がたくさんあると、胆汁酸は吸収されずに、便として体外に排出されてしまいます。
そうすると、体内の胆汁酸が不足した状態になりますので、肝臓は新しく胆汁酸をつくるためにLDLコレステロールをどんどん使うので、血液中のLDLコレステロール値は下がるのです。
つまり、食物繊維によって血液中のLDLコレステロールが減少するということです。

また食物繊維は、腸内のコレステロール自体も体外に排出する性質もあるため、腸から吸収されるコレステロールの量を抑えてくれます。

食物繊維には、水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性のタイプがあります。LDLコレステロール値を下げる作用が強いのは水溶性のほうです。

水溶性の食物繊維を多く含む食品は、ブロッコリー・ほうれん草・かぼちゃ・にんじんなどの野菜、大豆・納豆・枝豆などの豆類、わかめ・昆布・ひじきなどの海藻類やこんにゃく、りんご・バナナ・いちご・キュウイ・柿などの果物などがあげられます。

不溶性の食物繊維は、コレステロールには作用しませんが、腸の働きを活発にして便秘の改善に役立っています。
引用元-食物繊維でLDLコレステロールを下げる – LDLコレステロール値が高い原因

ldlコレステロールは少なすぎてもNG!

LDLコレステロールが低いと
LDLコレステロールが高いと動脈硬化などの危険が高くなりますが、逆にLDLコレステロール値が低いのも問題です。LDLコレステロールは特定健診・保健指導(メタボ健診)でも検査対象になっています。
LDLコレステロールの値が高いと、動脈硬化を生じて狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患の発症リスクが高くなるからです。
そして、LDLコレステロール値を低くする多くの対策がとられています。

その一方で、「LDLコレステロール値が低いほど死亡率が高まる」「LDLコレステロール値が低いほどがんの発症率が高くなる」といったデータ報告があります。また、LDLコレステロール値が低いと、血管が破れやすくなる、免疫力が低下する、貧血を起こしやすくなる、セロトニンが減少してうつ状態になりやすいともいわれています。

そもそも、コレステロールは生命維持に欠かせない栄養素で、細胞膜を作ったり、ホルモン分泌に関わったりするなど非常に重要な役割をしています。LDLコレステロール値が低いと、体はうまく機能しなくなるといえるほどにコレステロールは必要なのです。
低栄養になるとLDLコレステロール値が低い状態になるため、栄養評価の1つにもなっています。
LDLコレステロール値が低い場合は、アルブミン値も低いことがしばしば認められています。
アルブミンが低くなると、貧血と同じように浸透圧の影響で体の中の余分な水分が血管から染み出して、むくみ(浮腫)や心不全を起こします。
引用元-LDLコレステロールが低いと | 脂質異常症情報館

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/Olive_Leaf775/status/521110619911516160
https://twitter.com/dichan765/status/410421108886626304

 - 便秘と体調不良や病気との関係

ページ
上部へ