放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

腹痛が起こる便秘や下痢の予防法や解消法について

      2016/07/28

腹痛が起こる便秘や下痢の予防法や解消法について

便秘や下痢による腹痛は非常に辛いものです。
原因はストレスや食生活など様々です。腸をいたわる食材を選んだ食生活にしましょう。
運動不足も腸の状態を悪くしますので、無理のない運動を毎日適度に続けるようにしましょう。腸内環境が整う効果がありますので日々の生活に取り入れていくと良いかもしれまんね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘や下痢による腹痛、いったい何?

下痢・腹痛で―こんな経験ありませんか?

通勤・通学の途中で、試験の前に、大事な会議の前に、旅行先で、急におなかが痛くなりトイレに駆け込む、慌ててトイレを探す。
大事な場面でなぜかおなかを下してしまう…。

くりかえす下痢・腹痛。下痢型のIBS(過敏性腸症候群)という病気かもしれません。

検査で異常はないのに下痢・腹痛の症状が続くIBS―悩む人は多い

「IBS(過敏性腸症候群)」は、おもにストレスに起因して、下痢や便秘を慢性的にくりかえす疾患です。
大腸がんや潰瘍性大腸炎などは血液検査や大腸内視鏡検査などで腸に異常が認められますが、IBSは、検査でそうした異常はないことが確認されたうえで、症状が続く場合に診断されます。
日本人のおよそ7人に1人がIBSに当てはまると推定されており※、30代より若い年代に比較的多くみられる傾向※があります。
重症の場合は、トイレの問題で学校や会社に行けなくなったり外出を控えるようになったりするなど、生活の質を低下させることが問題になっています。
引用元-IBSとは?下痢、腹痛、便秘の症状とIBSについて|IBSネット

辛い腹痛!便秘や下痢で実はこんな病気かも?!

・3ヶ月間で、月に3日以上の間、腹痛や腹部不快感の症状を繰りかえす

・排便によって、腹部の症状が軽減する

・症状が発症した時に排便頻度に変化がある

・症状が発症した時に、便の形に変化がある

以上の4つに当てはまる場合は、過敏性症候群の疑いが強いです。

もしかして…?と思う時は、しっかりと病院で診断してもらいましょう。

対処、改善方法

病院では、薬と食事、ストレス・マネジメントの双方からの治療が有効とされているようです。

消化器内科にいけば腸のセロトニンを安定させるような薬を頂けますが、ライフスタイルや考え方のクセが変わらなければ、また同じ事を繰りかえすだけです。

主な生活習慣の改善方法は、慢性的な便秘に対するものと同じですので、できることから少しずつでも、今日からの行動が重要になりますね。
引用元-便秘と腹痛の後に下痢になるのはストレスからのSOS!? – 便秘による腹痛と吐き気を放っておくと危険!

便秘や下痢による腹痛で日常生活に困っている?!

大切な行事や仕事の前にお腹が痛くなる、なにか不安や緊張を感じるとすぐにお腹が痛くなって下痢をする、いつ腹痛や下痢が来るかわからず外出や旅行に行けない・・・。
電車もトイレが心配で急行には乗れず各駅停車でしか移動できない、おならが頻繁にでて臭いが心配・・・などで困っていませんか?
過敏性腸症候群では、このように日常生活に著しい支障をきたすことがままあります。
男性でも大変な症状ですが、女性にはこれに加えて「恥ずかしい」という精神的な苦痛を男性より強く感じることが多いと思われます。
常に予期できない便意や腹痛、おならなどの心配でトイレが確実に近くにある家の中でしか安心できず、症状が強い時は外に出ることすら困難になることもあるでしょう。
病気ではないとはいえ、この身体的・精神的な苦痛により日々の生活の質が低下することがこの症候群の最も危惧されることです。
日常生活での不便を嫌い外出を控えて引きこもるようになるとうつ症状という副次的なつらい状態になってしまう患者もいるため、早めに症状の改善を図る必要があります。
引用元-便秘と下痢を繰り返す女性に増加中の「過敏性腸症候群」とは | そっか~(人´∀`)

便秘や下痢による腹痛解消法は?

1、食事療法では「腸内細菌」を意識した食事を摂る

まず食事療法ですが、「下痢型」の人は、香辛料、冷たい食べ物や脂っこいものを控えるようにします。
またアルコールを摂りすぎると、下痢がひどくなることがあります。

「便秘型」の人は、香辛料など刺激の強い食品は避け、水分や食物線維を多く摂るようにしましょう。

また、過敏性腸症候群の症状改善には、腸内細菌バランスの改善も有効です!

以前、免疫力アップの記事でもお話しましたが、私たちの腸ではたくさんの腸内細菌が暮らしています。

こうした細菌の中には、私たちにとってプラスに働いてくれる「善玉菌(ぜんだまきん)」と、マイナスに働く「悪玉菌(あくだまきん)」がいます。

通常は、私たちの腸の中で善玉菌と悪玉菌はバランスを保って暮らしていますが、過敏性腸症候群になると悪玉菌の量が増えてしまうことが分かっています。
ですから、腸内細菌バランスの改善のために、ヨーグルトや乳酸菌飲料、オリゴ糖や食物繊維を意識して摂取するようにしましょう。
引用元-その下痢や便秘の原因はこれかも!過敏性腸症候群の診断方法と治療法 | ナースが教える仕事術

便秘や下痢の辛い腹痛の予防法は?

体が弱ってくれば精神的にもダメージが大きくなります。
逆に、きちんとした食事や生活、運動をして、健康な体作りをするようにすると、精神的にも落ち着き、自律神経が整うことでストレスに強くなることも多いのです。
精神と体を切り離して考えず、自分自身をコントロールすることで自信に繋げましょう。
引用元-下痢と便秘を繰り返すのは何故? | 下痢の改善相談室

食生活を整え、腸内環境が改善することでも、より過敏性腸症候群を治しやすくなります。
「状況が変わらなければなにも改善しない」という考え方ではなく、「自分で変えられることから変えていく」という考え方で、下痢の原因となっている過敏性腸症候群の改善を目指しましょう。

下痢の改善はまず腸内環境の改善から
健康の基本は何といっても腸からです。
「元気の元は胃腸から」ですので、まず、腸をしっかり整える事から始めましょう。そうするなら続く下痢や便秘の改善は一段と早くなります。
引用元-下痢と便秘を繰り返すのは何故? | 下痢の改善相談室

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/mezaki0115/status/752472475229835265


https://twitter.com/yasunkanishi/status/751585132545323008

 - 便秘と体調不良や病気との関係

ページ
上部へ