放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

妊娠中の便秘対策には【酸化マグネシウム】!その効果を検証!

   

妊娠中の便秘対策には【酸化マグネシウム】!その効果を検証!

妊娠中の便秘解消に病院から出される薬の代表といえば【酸化マグネシウム】ではないでしょうか?

でも妊婦さんにとっては赤ちゃんへ影響や副作用が心配になるもの・・・

【酸化マグネシウム】の効果と安全性について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘解消のための酸化マグネシウムの薬は妊娠中に服用しても問題ないの?

妊娠中って本当にいろんなことが心配になりますよね。
私も妊婦の時に便秘になって、病院でマグネシウムを処方されましたがなんか考えすぎてしまって、飲めませんでした・・・。

胎児への薬の影響はまず無いそうなんですが、気になってしょうがなかったので何か自然に便秘解消できる方法はないかといろいろ試したのですが、副作用の全くない、粉末状オリゴ糖が本当に良く効きましたよ。

オリゴ糖は善玉菌のエサになり、善玉菌が活発にし、腸内環境を改善して、便秘を解消してくれます。

私は妊娠初期に便秘になりました。
一日5gくらい「粉末状オリゴ糖」をとっていたら1週間くらいで快便になりましたよ。自然なもので安心なのでおすすめだと思います。
引用元-酸化マグネシウム錠、妊娠中の使用について教えてください。酸化マグネシ… – Yahoo!知恵袋

マグネシウム製剤は便に水分を呼び込むための薬です。
もともと快便ですが、妊娠中に2〜3日の便秘でも苦しかったため処方してもらいました。
最初は指示どうり飲み、水分を取ります。
順調にお通じがあるようなら、自己判断で減らすなり中止するなり自由にしてくれて構わないといわれました。
引用元-酸化マグネシウム錠、妊娠中の使用について教えてください。酸化マグネシ… – Yahoo!知恵袋

妊娠中の便秘に酸化マグネシウムが効く理由は?

妊娠中は便秘が酷くなっても勝手に市販の下剤を使用したり、浣腸、座薬などを使うのは避けなければいけません。産院、病院で妊娠していても飲めるお薬を出してもらいましょう。このとき処方されるものは酸化マグネシウム、マグミット、ラキソベロンなどです。

妊娠前に酸化マグネシウムを使っていたけど、「これ飲んでいいのかしら?」という妊婦さんもいると思います。飲んでも大丈夫ではありますが、使用量や注意などもう一度、お医者さんや薬剤師さんに確認することをお勧めします。

酸化マグネシウムの作用

酸化マグネシウムは便秘薬なのですが、便秘薬の中には腸を刺激するタイプと、便に作用するタイプの二種類の薬があります。酸化マグネシウムは後者にあたり、体に刺激を与えるタイプの薬ではありません。

便に水分を含ませる作用があり、それによって便を出すという薬になります。この薬は自然の排便に近い形で出るので、急に下痢が起きたり、腹痛で苦しんだりということも少なく、副作用が少ないことも特徴です。

妊婦の便秘にはまずこれが選択されるぐらい有名で、安心して飲むことができます。病院に行き医師の診断の元で処方されるので、心配なことがあれば相談してみましょう。
引用元-妊婦でも酸化マグネシウムは飲んでいい? | 妊婦のための便秘解消方法

妊娠中の便秘に効く酸化マグネシウムの飲み方は?

酸化マグネシウムの用量やタイミングは人によって、日によって、さらにはその日の体調によって変わるので調節が必要です。

飲み始めた頃、いまいち用量がわからず、まったく効かなかったり、逆に緩くなってしまうこともあり戸惑うこともありました。でも慣れてくるとコツが掴めるようになってきます。

薬剤師さんから教わった方法で自分なりにいろいろ試した結果…以下のように調節することでほどよい便通をキープすることが出来ます。よくわからないまま言われたままを服用していても効果はでません。自分のからだに合わせた調節が必要不可欠です。実践してみて下さい。

まずは処方された用量を服用してみる

服用の際は水を多めに飲むように。

コップ1杯だと、粉末が口の中に残ってしまうので筆者はコップ2杯の水を飲みます。

便が柔らかくなったら→→→同じ用量を続けて飲んでみる。

下痢になってしまったら→→→いったん服用をやめ、様子を見る。下痢が収まったら服用を少しずつ再開してみる。

引用元-妊娠中の方も必見!便秘と上手につき合う方法 | Bamy-ベイミー-

酸化マグネシウムはビタミンCと一緒に摂ると効果アップ!

○マグネシウムはビタミンCが吸収をサポートしてくれる
○水分を多めに取ることも重要
○1日2リットル以上を目標に水分を取りましょう

マグネシウム下剤を服用して吐き気を覚える人がいます。

これは口から摂取されたマグネシウム下剤は腸まで届き、身体の中に
吸収される時、非ヘム鉄からヘム鉄に変化するためです。

変化することで、腸に「ムカつき」が出てしまうためです。

身体に吸収される際に鉄の性質が変化することは避けられないので、
その吸収スピードを上げることが出来れば、「ムカつき」も少なくなります。

マグネシウムの吸収スピードを上げるにはビタミンCが一番です。
ビタミンCは鉄と一緒に摂ることで鉄が吸収されるのを助けてくれます。

この結果、胃腸の不快感なども軽減されるのです。
また、マグネシウムは腸内の水分吸収を抑えて、その分を便に集めます。

ですので、そもそも腸内に水分がないと働くことが出来ないのです。
マグネシウム下剤を飲むことはコップ2~3倍の水を飲むようにしてくださいね。

マグネシウム下剤を飲んでいると、脱水症状になりやすくなります。
1日2リットル以上を目標に水分補給を心がけましょう。

引用元-酸化マグネシウムが効かない妊婦の便秘はどう対処するの? | アローゼンが効かない!妊娠中でも飲める安全な便秘薬

酸化マグネシウムの副作用は?

たまった便を出すための下剤には、幾つかの種類があります。

大きく分けると腸を刺激するタイプの刺激性下剤と、便に作用するタイプの機械性下剤があります。

妊娠中には刺激が強くて副作用のある下剤は避けたほうがよいので、機械性下剤のほうが適しています。

酸化マグネシウムは、機械性下剤の中でも塩類下剤と呼ばれる種類の一種で、腸内で水分を吸収して腸の内容物の容積を増やし、便を軟らかくしてくれる作用があります。

酸化マグネシウムの主成分となっているマグネシウムはミネラルの一種で、ミネラルウォーターや食材にも含まれているものです。

腸への刺激が弱く、副作用が少ないので妊娠中の下剤として使用されます。

酸化マグネシウムは明治2年に日本に入ってきて以来、日本で長く使用されており、安全性は確立されているといえます。

ただし、腎機能に障害のある人はマグネシウムが体内に蓄積する危険性があり使えない場合があるようです。

いずれにしても妊娠中の下剤の使用に関しては、医師と相談の上で行なうことが大切です。
引用元-妊娠中の酸化マグネシウムの使用

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 妊娠中の便秘

ページ
上部へ