放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

妊娠中の便秘にビオフェルミンはOK?ビオフェルミンについて

   

妊娠中の便秘にビオフェルミンはOK?ビオフェルミンについて

妊娠中の便秘にビオフェルミンを飲んでもいいの?

そもそも、ビオフェルミンとは?

飲んでいいのか気になる妊娠中のお薬。

飲んでいいかどうか迷ったときはお医者さんにまず相談するといいでしょう。

気になる妊娠中の便秘薬、ビオフェルミンについてご紹介いたします!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


妊娠中の便秘にビオフェルミンを飲んでもいいの?

ビオフェルミンは乳酸菌サプリメントの先駆け

ビオフェルミンは整腸剤。でも、配合成分は乳酸菌のみ。この点、いま流行の乳酸菌サプリメントの先駆けと呼んでもいいと思います。

正確には、乳酸菌サプリメントは健康食品で、ビオフェルミンは医薬品です。

入っているのは、ビフィズス菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌。特徴は、それぞれ次のとおりです。

ビフィズス菌
日本で一番有名な乳酸菌。腸内の善玉菌の代表格で、強い整腸作用を誇ります。ビフィズス菌にもいろいろ種類がありますが、ビオフェルミンに配合されているのは、腸内への定着性が高い「GR-1」という株。健康な赤ちゃんの腸内で発見されたバクテリアで、大腸に届くと、悪玉菌を強力に撃退し、有毒ガスの発生を阻害します。

フェカリス菌
善玉菌の消化活動を助けたり、悪玉菌の繁殖を抑えたりします。株は「129 BIO 3B」というタイプ。小腸に入ると、急速に増え、腸内を善玉菌優性の状態にします。ビフィズス菌やアシドフィルス菌が増殖するお手伝いもします。

アシドフィルス菌
ビタミンB群に属する、ビオチンというビタミンをつくります。悪玉菌の繁殖を抑制する働きもになっています。小腸に定着し、乳酸をつくりだしますから、乳酸の苦手な悪玉菌は増殖できません。株は「KS-13」というタイプ。

これらの乳酸菌はどれもプロバイオティクスですから、生きたまま腸まで到達するそうです。

整腸剤は連用すると効き目が落ちる、とよくいいますが、ビオフェルミンの乳酸菌はもともと人間の腸内に棲んでいるタイプ。習慣性がなく、持続的に効果があらわれるそうです。

妊娠中の服用もOK

もちろん、妊婦さんが服用しても大丈夫です。付属の注意書きには「妊娠中は服用を控えること」という文言はありませんし、HIYOKOがビオフェルミン製薬さんに電話で確認したところ、「問題ありません」とのことでした。
引用元-ビオフェルミンで便秘を確実に治す方法 | 便秘の妊婦さんのためのブログ

妊娠中の便秘でビオフェルミンを飲むときの注意点

ビオフェルミン便秘薬を妊娠中に服用するリスク

ビオフェルミン便秘薬は、11歳の子供をからでも飲むことができる便秘薬です。

ですが妊娠中は、ビオフェルミン便秘薬も飲んでいいものか、迷うところです。

ビオフェルミンの配合成分は乳酸菌であり、整腸剤です。

一番有名な乳酸菌のビフィズス菌では、ビオフェルミンに含まれているのはGR-1で、腸内での定着性も高いものです。

悪玉菌の繁殖をセーブしたり、善玉菌の消化活動をサポートするのがフェカリス菌で、ビオフェルミンには129やBIO、3Bといった株が配合されています。

ビオチンのビタミンを作るのが、アシドフィルス菌です。これらの乳酸菌はどれもですから、これらは生きたまま腸まで到達するする、プロバイオティクスの乳酸菌です。

ビオフェルミン便秘薬の、付属注意書きを見ても、妊娠中の服用を控えるように、とはありません。

妊婦中の便秘対策として服用も一応は可能です。

ビオフェルミンは、すべて生きた乳酸菌です。

妊娠中に服用することも一応はできますが、通常料を守ることは大切です。

パッケージや付属の説明書には、必ず服用する量やタイミング、回数が記載されていますから、その記載を守ることは大切です。

ただ、下痢っぽい症状が出るなど副作用が出てきたら、服用は止めるべきです。
引用元-ビオフェルミン便秘薬を妊娠中に服用するリスク

妊娠中の便秘にビオフェルミンを服用するときは?

妊婦さんのビオフェルミンンの服用方法

一般的な市販のビオフェルミンである新ビオフェルミンS錠を妊婦さんが服用する場合の方法ですが、

①就寝前に3錠飲むようにします。

②服用するときは水と一緒に飲んでもいいし、そのまま噛んで食べても構いません。

③新ビオフェルミンS錠を飲む前にはバナナなどを食べると良いです。
※胃酸が乳酸菌を死滅させることを予防できます。

④朝起きて効果がなかったら、もう一度就寝前に今度は1錠多くして4錠飲んでみてください。

あとは継続的に4錠、就寝前に飲み続けます。

⑤1週間継続しても効果がない場合には使用をやめてください。

以上がビオフェルミンの飲み方についです。

医薬品のビオフェルミンの場合には医師の指示に従って飲むようにしてください。

特に下痢をしたあとは一緒に腸内細菌も出てしまい便秘体質になってしまうので予防するのに服用するのもおすすめです!
引用元-ビオフェルミンの妊婦さんへの効果、副作用について!

ビオフェルミンはどのくらいで効くの?副作用はある?

どれくらいで効果があるのか?

また新ビオフェルミンS錠を服用してどれくらいで効果があるのかというと

・腸内環境が増えだすのでは服用から約2時間後です。お腹がポコポコなります。またそれに伴って腸が活発になることがあり、早いと2時間後に便意を感じることがあります。

・また完全に腸内細菌のバランスが整うのは服用からおよそ3日後となります。整腸化に伴って腸の自然な運動も取り戻すことができます。

個人差はかなり大きいのですが、整腸剤でも腸に合えば意外と早く効いていきます。

ただ乳酸菌が体に合う合わないということもあり、
合わない人にとっては1週間以上服用しても効果は感じられません。

1週間服用しても効果が感じられない場合には服用を中断するようにしましょう。

新ビオフェルミンS錠の副作用について

新ビオフェルミンS錠は乳酸菌による整腸効果によって便秘を解消するので副作用はほぼありません。

ただ服用量が多いとビフィズス菌が腸内で乳酸および酢酸がたくさん発生します。それに伴い腸の粘膜を刺激して腸の運動が活性化されることによる軽い腹痛が起きる場合もあります。

ただ報告例がきわめて少ないため、用法用量を守れば副作用は起きる心配はありません。
そのため新ビオフェルミンS錠は赤ちゃんから高齢者まで服用することができます。

ただ妊婦さんが安易に使用するのは控えるように公式から明言されています。
妊娠中の方が服用する場合には産婦人科の主治医に必ず相談するようにしてください。
引用元-新ビオフェルミンS錠の便秘への効果と副作用!

妊娠中の便秘薬を使うのが心配なら医師に相談しよう!

◎医薬部外品の胃腸薬は、妊娠中・授乳中の使用もOK

【妊娠中に使用可能な製品】
新ビオフェルミンS錠、エビオス錠、ミヤリサン錠、ヤクルトBL整腸薬、仁丹、ソルマックゴールド胃腸液、新三共胃腸液クールなど

日頃から常用している薬も使用できます。調子が良い方はむしろ継続使用をお勧めします。重要な点は、使用感が自分に合ってるかどうかです。

○第3類医薬品の胃腸薬は、必要に応じて妊娠中の使用が可能

【妊娠中に使用可能な製品】
ザ・ガードコーワ整腸錠、ガスピタン、陀羅尼助(ダラニスケ)丸、太田胃散チュアブルNEOブルーなど

ただし、常用する製品ではありません。1~2週間の使用で症状が改善しない場合には、妊婦健診で相談しましょう。

△第2類医薬品の胃腸薬は、使用可能な薬と控えるべき薬がある

【妊娠中に使用可能な製品】
太田胃散、大正漢方胃腸薬、新キャベジンコーワS、パンシロンAZ、新三共胃腸薬、田辺胃腸薬など

以上の製品は、応急的に数日間使用することはできますが、食事の改善や、1週間程度の医薬品使用で改善しない場合は、妊婦健診で相談しましょう。
引用元-妊娠中・授乳中の正しい市販胃腸薬の使い方 【妊娠・授乳期の薬と健康】 All About

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 妊娠中の便秘

ページ
上部へ