放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

あなたの腸は大丈夫?便秘は病気につながります!

   

あなたの腸は大丈夫?便秘は病気につながります!

つらい便秘・・・それが長引いていると、もしかすると病気の可能性もあります。

便秘が続くことでどんな病気になるの?

反対に病気が原因で便秘になることもあるの?

あなたの腸は大丈夫?

便秘と病気の関連性について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘が長続く腸の病気「過敏性腸症候群」とは?

腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。以前は過敏性大腸(かびんせいだいちょう)といわれていましたが、小腸を含めた腸全体に機能異常があることがわかってきたため、過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。

この病気は、日本を含む先進国に多い病気です。日本人では10〜15%に認められ、消化器科を受診する人の3分の1を占めるほど、頻度の高い病気です。発症年齢は20〜40代に多く、男女比は1対1・6で、やや女性に多くみられます。便通の状態により、便秘型、下痢型、交代型の3つに分類されますが、男性では下痢型、女性では便秘型が目立ちます。

原因は何か

過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められます。ただ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていません。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されています。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。
引用元-過敏性腸症候群とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア

その便秘はもしかして病気かも?自分の腸の状態を理解しておこう!

排便が3日以上に渡ってないことを便秘ということもありますが、明らかな定義はありません。排便については、個人差が大きく、たとえ排便が週に1回であったとしても何の問題もなく生活できていることもあるし、逆に毎日排便があっても便が硬く出しにくい、あるいは残った感じがして気になるということもあります。

大切なことは、正常の範囲のものか、病気なのかということです。旅行などで、便意を我慢してしまい、たまたま便秘になったり、風邪薬・咳止めなどで便が出づらくなったなど、一過性の便秘はよくあります。これはたまたま便秘になっただけで、気にすることはありません。

毎日排便がなければ気がすまないとか、排便があってもすっきりしないという理由で、必要以上に下剤を使い、下剤を使わないと出せない腸、つまり便秘ではないのに便秘の腸にしてしまうこともあります。

自分の腸の性質、つまり便の出が悪いほうか、よく出る(ですぎる)ほうか、快調に出るのかなどをよく知ることが重要です。
症状の程度や年齢など必要に応じて検査を行い、治療が必要なのか、あるいは大らかな気分で付き合っていくものなのかを判断しなければなりません。

今までと違う排便状態になったという場合、たとえば昔は快便であったのに最近でにくくなってきたというような場合などは、特に注意が必要です。

引用元-便秘・下痢でお悩みの方|大腸肛門科・肛門外科・肛門科の港北肛門クリニック

腸の病気が原因で便秘になってしまうことも

橋本病

橋本病は、「甲状腺機能低下症」とも言われる身体の代謝機能に関わる甲状腺ホルモンの分泌が低下することで起こる病気です。橋本病は、身体の免疫機能が甲状腺を病原と勘違いして攻撃することで起こる病気で、女性に発症することが非常に多いのです。橋本病の症状は便秘のほかに、倦怠感や抜け毛や体重の増加などを伴います。

過敏性腸症候群

ストレスや自律神経失調症などが原因で大腸の運動が鈍くなったり、下痢を催したりする過敏性腸症候群も便秘の原因になります。過敏性腸症候群で便秘になると、腸の蠕動運動が鈍くなるためウサギのようなコロコロと丸い便が排泄されるようになります。

尿路結石

尿路結石は、尿管や腎臓や膀胱などの尿路に石が出来る病気です。小便の排泄時に激痛を伴うという特徴があり、排便に支障が出るため便意の我慢による便秘が起こる場合があります。
引用元-【便秘と病気】便秘と病気の間にある関係 便秘が原因の病気、病気が原因の便秘 – The便秘

便秘にはこんなに症状がある!

おなかの症状

便秘が続くと、腸内に便やガスがたまっておなかが張った状態になります。これを腹部膨満といいます。また、 便秘のため出口がふさがった状態であるにもかかわらず、腸管が腸内にたまった便やガスを肛門に送り出そうとするために痛みを生じ、これが腹痛のもととなります。さらに、腸内に便がたまっているため腸の働きが悪くなり、食欲が減少する食欲不振の症状もみられます。

肌の症状

腸内にたまった便は醗酵し、身体や皮膚に害のある毒素を発生します。その毒素が血液にのって皮膚にまわることで、吹き出物やシミなどの肌のトラブルを引き起こします。また、便秘は新陳代謝を低下させるため、血行が悪くなり肌のツヤやハリに悪い影響を与えます。

精神的な症状

便秘によって精神的な影響が出ることもあります。たとえば便通がなくイライラしたり、不眠になったりするなどです。
また、便秘が続くことで自律神経が乱れてしまう場合もあります。

その他の症状

その他にも、便秘が続くことで頭痛・肩こり・口臭・吐き気等の症状が現れる場合があります。これらの中には、便秘との直接的な因果関係がまだわかっていないものもあります。
引用元-便秘 | e治験.com

便秘で病気にならないために、便器に座る習慣をつけよう!

便秘とは、便通の回数が減り、便が硬くなり、また便の量が少ない状態のことです。

便秘についての明確な定義はありません。健康な人の多くは1日に1回程度の排便がありますが、2~3日に1回でもそれが習慣になっていて、ほかにおなかが張るとか腹痛などの苦痛が何もなく、満足しているなら便秘とはいいません。反対に、1日に1回排便があっても、量がとても少なかったり、残便感があるような場合は便秘と考えられています。一般に、3~4日以上排便がない場合を便秘といっています。

多くの人は朝食後に排便しますが、実はこれは理にかなった行為です。口から入った食物は、大腸を10~20時間ほどかけてゆっくりと通過していきます。普段はあまり動いていない大腸ですが、食事をとると活発に蠕動(ぜんどう)を起こします。蠕動とは消化管などがその内容物をミミズ(蠕虫)によく似た動き方で押し進める運動のことです。

なかでも朝食後が1日のうちで最も活発になり、そのため朝食後に排便したくなるわけです。便秘の予防法として、便意がなくても朝食後にはとにかく便器に座ろう、といわれるのはこのためです。ただし、朝にこだわる必要はありません。朝食はとらない、朝は時間の余裕がないという人は、1日のうち余裕のある時、便意がなくても決まった時間に便器に座る習慣をつけるようにしましょう。
引用元-便秘が続く 症状から病気を調べる 病気事典[家庭の医学] -メディカルiタウン

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/F_style2/status/751598830362107904

 - 便秘と体調不良や病気との関係

ページ
上部へ