放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

子供の便秘は外来に連れて行こう!便秘外来についてご紹介!

   

子供の便秘は外来に連れて行こう!便秘外来についてご紹介!

子供が便秘で外来に行くことが最近、多いそうですがいったいどんなことをするのでしょうか?

子供の頃から便秘であると大人になってもつらい思いをするのではないでしょうか?

便秘だからと放っておかないで風邪のようにすぐに看病してあげることが大切なのかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


子供が便秘で外来に行くケースが増えている!?

子どもの10人に1人は便秘症!気づかぬうちの重症化に注意

体の不調を感じても、特に重い病気という感覚はなく、つい放置しやすい便秘。

きちんと対処しないとどんどん悪化し、便秘はやがて治療が必要となる「便秘症」に進行します。

厚生労働省の平成25年度「国民生活基礎調査の概況」によると、便秘を訴える日本人は約470万。

もはや便秘は国民病のひとつですが、便秘に苦しんでいるのは大人だけではありません。

近年、便秘外来に子どもの患者が急増。

小学生以下の10人に1人が便秘症の治療を受けているといわれています。

比較的、子どもは大人より快便というイメージもありますが、赤ちゃんや子どもも便秘になりやすく、多くの乳幼児が経験します。

ところが、子どもの便秘に気づくのは、ほとんどが重症になってから。

子どもに吐き気や食欲低下が見られ、ひどくお腹を痛がるため、慌てて病院に行ったら「便秘症」と分かり、レントゲンを見せてもらって唖然。腸に便がびっしりと詰まっているのを見て、はじめて子どもの便秘に気づくというケースが多いのです。
引用元-子どもが便秘外来に急増!便秘だけですまない乳幼児の「便秘症」の原因・症状・治療法を知ろう|ミナカラ

子供の便秘の外来ではどんなことをするの?

便秘外来での診察内容

便秘外来では、小児の便秘について専門的な治療やアドバイスが受けられます。たくさんの臨床データが蓄積されていることと思いますので、様々な要因を考慮した上で適切な対応がなされることと思います。

また状況に応じて血液検査や腹部X線検査など各種の検査が行なわれます。

なかなか改善しない頑固で重症化した小児便秘はこうした専門の機関を利用することが必要だと思います。

小児の便秘は増加傾向にあるとの事ですから、これから小児のための便秘外来は少しずつ数が増えていくことが予想されます。

しかし、それまでの間は住まいの近くに便秘外来がないという人も多いと思います。よほどのひどい便秘でなければ、一般の小児科でも便秘で受診することができます。

便が硬くなってなかなか出ないときは浣腸をしてくれたり、小児用の便秘薬を処方してくれることと思います。

慢性的な便秘になる前に一度診察をうけてみるとよいかもしれません。
引用元-小児の便秘外来はあるの? | 子どもの便秘質問集

子供の便秘を治すなら便秘外来に行きましょう!

子どもの便秘を本気で治してあげたいと思うなら、小児便秘外来または便秘に詳しい小児科を受診しましょう。

3歳過ぎてから総合病院内で偶然見つけた「小児便秘外来」に、2年間通院しました。診察・問診・腹部レントゲンなどをして、硬い便により肛門が切れてしまい、痛いから我慢をして便秘になったことが分かりました。

息子の場合、朝水を飲むだけだったり、整腸剤や浣腸だけでは治りません。

小児便秘外来では、便を軟らかくする酸化マグネシウム(塩類下剤)と、ラックビー(乳酸菌)、大建中湯、軟膏(痔の治療)が処方されました。

痔をしっかり治して、便を軟らかくして排便しやすくすることで、便を出しても痛くないということを、分からせてあげなければいけなかったのです。

少しずつ薬の量を減らして、2年もかかりました。もっと早く行ってあげていればと、親として反省です。
引用元-子どもの便秘にはどんな薬?~市販薬でなく病院で処方してもらおう~ | バナナ先生の快便塾

子供の便秘は病気の可能性もあるんです!?

「根底に体質」

なぜ便秘になるのか。

直腸や肛門に神経節がなく直腸に便がたまる「ヒルシュスプルング病」や肛門の位置に異常がある「鎖肛」など先天性の病気が原因のこともある。

これらの病気は生後すぐに発見でき、手術でほとんど治すことができる。ヒルシュスプルング病も鎖肛も、新生児の5千人に1人の割合でみられる。脊髄の病気が原因になったり、心臓病や喘息の薬で腸の動きが鈍って起こることもある。

ただ多くの場合、原因は特定できないと中野さんはいう

「恐らく、腸の動きが低下しやすい体質が根源にある。その程度はごく軽いので成長とともによくなるはずなのですが、そうならないケースがあるようです」

「規則正しく生活」

慢性の便秘になると、直腸が太く長くなり、自力で出せる量の便がたまったくらいでは便意を感じなくなる。なかなか出ないし痛いので、トイレでいきむことが嫌になり、ますます便秘が進む。

固い便の上にある緩い便が下りてきて、肛門から漏れることもある。
そんな慢性便秘に対する治療ではまず、かん腸をして、たまっているものを出す。
その後は、かん腸や薬で、便を毎日出すトレーニングをする。

「毎日出させて、楽に出ることを身体で覚えさせてもらうんです」

治療に時間がかかることもある。
早寝早起きして便を出す習慣を、根気強く身につけさせる。
大きな子では転居や親の離婚などによる心因性の便秘もあり、その場合はカウンセリングなどのケアも必要だ。子供の便秘について周囲が「しつけが悪い」「食事が悪い」などと、根拠のない避難をするのはやめてほしい、と中野さんは強調する。

「それでもお母さんが緊張すれば、子供も緊張して便秘がひどくなる。規則正しい生活をつくるため、周囲も協力してください。」
引用元-危険!子供の便秘について。|しぇいくんの便利帳

子供の便秘の意識を両親や学校が変えることが大切

意識を変えて便秘を防ぐ

増え続ける子どもの便秘をどうしたら防げるのか。
埼玉県の小学校では、3年前から意識を変えようと取り組んでいます。

♪“もしもし便よ 便さんよ
世界のうちでお前ほど
体のわかるものはない”

子ども達が歌っているのは、「祝便(しゅくべん)体操」。
排便に必要な筋肉を鍛えながら、便の大切さを学びます。
この学校では、体調不良を訴える子どもたちのほとんどが便秘傾向にあることに気付き、この取り組みを始めました。
こうした授業を通して、子どもたちは排便を恥ずかしいことではないと考えるようになりました。

子ども
「2年生の頃はしたくなかったけど、今日の話を聞いていてしたくなりました。」

子ども
「きまった時間に、ちゃんとうんちをしたいなと思いました。」

さらに、子どもたちばかりでなく親の意識を変えたのが「うんち日記」です。
毎日の生活習慣と排便のようすを記録。
保護者からもコメントを求めることで、家庭でも関心を持ってもらうことがねらいです。
引用元-重症化する子どもの便秘|特集ダイジェスト|NHKニュース おはよう日本

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 子供の便秘

ページ
上部へ