放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

子供が便秘で1週間。こんな困ったときの対処方法について

      2016/07/28

子供が便秘で1週間。こんな困ったときの対処方法について

子供が便秘で1週間・・・。病院につれていくべき?病気の可能性は?

大人でもつらい便秘ですがこどもならなおさらつらい!?

こんなときはいったいどうしたいいのでしょうか?気になる子供の便秘について

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


子供が便秘で1週間・・・。病院に行くべき?

5日-1週間便が出なければ、小児科を受診をしましょう。

そこで浣腸をしてもらって、以後出るようになればいいですが、浣腸でも、硬い栓が取りきれる保証はありません。

便がどこにどれだけ溜まっているのか?それを知る方法は、レントゲンです。

レントゲンを撮れば、便秘の状態がある程度分かります。
特に、カチカチの便は、レントゲンで白く映るので、よく見えるのです。

浣腸してもらって(自分で浣腸して)も、再びすぐに便秘になるようならば、硬い栓が直腸にある可能性があります。

だとするとレントゲンのない病院やクリニックでは、便の本当の状態は分からないということです。
浣腸をしてもらって一時的に便が出ても、根本的な解決にはなっていないかもしれません。

繰り返す便秘は「便秘症」「慢性便秘症」であると、親が病気の意識を持って、レントゲンのある施設の受診も考慮しましょう。
引用元-幼児の一週間の便秘!病院にいくべき?体験を踏まえて! | 子育ては楽しい.com

子供が便秘で1週間出ないなら病気の可能性が・・・。

親にとって一番心配な事は大切な子供の健康になります。

どんな病気でも、不安な気持ちになります。
毎日の生活で大切な快眠、快食、そして快便とありますがそれが崩れやすいのが便秘です。

しかし、個人差があり何日排便がないと便秘になるのかは人により異なります。

子供も大人も、その点では同じです。

例えば、2~3日に一回であっても普通のやわらかい便で、子供自身も元気で機嫌がいいのなら心配はありません。
しかし、便がずっと出ておらずお腹が張って腹痛を伴うことや、食欲がなくなるなどの症状があれば便秘の可能性があります。

また、排便があっても固くて小石のような便も特徴です。
さらに機嫌が良く見えても、1週間以上も便が出ていない場合も病院に診察に行くべき状態です。

また、これ以外にも便の様子がおかしい時も病院に行きます。

タール状の便の場合は胃や腸からの出血の可能性があり、真っ白い便は胆道閉鎖症の可能性が疑われます。

このように、常日頃から子供の便の状態を観察しておくことはとても重要です。

健康維持のためにも、いつもとは違うサインを見落とさないためにも習慣にします。

病院では検査をしても、便秘以外に他の健康上の異常がない場合はやはり親子で安心できます。
医師に子供に合わせた下剤を処方してもらい自宅でも便秘が改善できるような生活リズムにします。

生活習慣や食生活の改善で、便秘になりにくい体質になることは可能です。

そのために、子供の間に改善するのが一番です。
引用元-子供の便秘の原因はコレだった!子どもの便秘対策

子供が便秘で1週間出ないなら腸内環境を良くすることが大切!

近年の食生活の変化にともない増えてきた2~3歳から5歳くらいまでの慢性便秘。

親としては便秘で苦しんでいる子供を1日でも早く解消させてあげたいと思いますが、安易に下剤を利用することはおすすめできません。

というのも根本的に便秘を解消せずに下剤の服用に慣れてしまうと、本来のカラダの排便機能が衰え次第に下剤なしでは排便できない可能性もあるからです。

しだいに最初は効果のあった下剤も時間と共に効果は薄れてしまうため、どんどん下剤の量を増えてしまうことも…。

そのためには食生活の見直しを中心に腸内環境を改善してあげることが肝心です。

試したからといってすぐに効果が出る子供もいれば数ヶ月以上もかかる子供もいます。
しかし、正しい方法で継続できれば確実に効果が出てきますよ♪

本当は毎日の食生活の見直しで、子供の腸内環境を改善してあげるのが一番です。
引用元-子供の便秘を治すには※この方法で便秘は治ります!

子供の便秘の原因にはどんなものがあるの?

子どもの便秘の特徴

子どもの便秘の原因は大人と異なり、乳幼児期はウンチを出す力が弱いことによる便秘がほとんどです。便秘になりやすい時期は以下の3つ;

① 乳児期の母乳→ ミルクへの移行時期、あるいは離乳食開始期
② 幼児期のトイレ・トレーニング(一番多い!)
③ 学童期の通学開始や、学校での排便ガマン体験

これらがきっかけとなり、便が硬くなる→ 排便に苦痛を伴う→ ガマンする→ ますます硬くなる、という「便秘の悪循環」に陥ってしまうのです。
学童期以降はそれに過敏性腸症候群が加わります。
ストレスにより自律神経のバランスが崩れることが原因。
リラックス状態(副交感神経優位)では腸の動きが活発になり良いウンチがつくられますが、緊張状態(交感神経優位)が続くとそれができません。

・子どもの便秘の原因はおとなの態度?

デリケートな性格の子どもは、おとなの態度で追いつめられて便秘になっている例が最近問題視されるようになりました。
とくにトイレ・トレーニングの時期に「失敗すると叱られる」ことを繰り返し経験すると、自己評価が低くなり便秘の悪循環が始まると解説している啓蒙書が目立ちました。
「良い子しか認めない」社会の風潮が母親を追いつめ子どもを苦しめている状況が、ここにも存在するようです。
引用元-子どもの便秘

子供の便秘には食事と運動がおすすめ!

子供の便秘解消法は食生活が大切

幼児の便秘の原因の多くは食事と心因的なものとされています。
トイレットトレーニング中に叱りすぎて便秘になってしまうケース、引越しや兄弟などが生まれたり、生活環境が変わったり、旅行などに出かけたりしていて便秘になってしまうケースもあります。
幼児の便秘の解消法としては、まず食生活に注意を。
食物繊維の多い野菜、イモ類、豆類、海藻類などをバランスよく食べさせることです。

しかし、きらいな野菜を子供に無理やり食べさせるのではなく、バナナとヨーグルト、コーンフレーク、こんにゃくゼリー、あんず、パイナップル、野菜スープなど子供の好きな食べ物を多く、バランスよく食べさせるようにすることが幼児の便秘解消法です。
引用元-子供の便秘・幼児の便秘解消法

便秘予防には適度な運動で筋力アップとストレス軽減の一石二鳥を!

便秘を予防するには、「規則正しい生活」と「バランスの取れた食事」の他に、もうひとつ大切な生活習慣として、「適度な運動」が挙げられます。
便秘予防のための運動とは、主に腹筋を鍛えることと、血行を良くすることが目的になります。もちろん、生活習慣病全般にも効果があるのはもちろんのことです。

腹筋は、排便をする際にとても大切です。腹圧によって便を排出するため、腹筋が弱いとなかなか排便が出来ず、弛緩性便秘になってしまうのです。
ですから、腹筋を鍛えることで便秘の予防が出来るでしょう。
腹筋だけを鍛えるのであれば、腹筋体操が一番効果的です。
しかし、腹筋だけでなく、全身の筋肉を鍛えることも大切であり、それにはウォーキングや水泳などが最適でしょう。
引用元-便秘解消・予防法 | 便秘解消法の決定版!大人も子供も自然にスッキリ!【快活ライフ】

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 子供の便秘

ページ
上部へ