放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

子供の便秘対策にプルーンがおすすめ!その効果とは

      2016/07/29

子供の便秘対策にプルーンがおすすめ!その効果とは

子供の便秘をそのままにしておくと、大人になってからも慢性的な便秘になりかねません。

子供のうちから便秘を解消してあげたいものです。

そこでおすすめなのがプルーン。

なぜプルーンは便秘に効果があるのでしょうか。

便秘に効くプルーンの効果について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


子供の便秘対策でプルーンは効果あるの?

□子供にはプルーンを液状にして与えるのが効果的
プルーンの子供への与え方ですが、子供がまだ小さく離乳食を始めたばかりであれば、薄めたプルーンエキスやプルーンジュースを飲ませるのが良いです。ドライプルーンの場合は、潰してあげると食べやすくなります。ヨーグルトに混ぜて与えるというのが良いでしょう。

プルーンを与える量の目安は1日2~3個

プルーンは便秘に効果的な成分が多く含まれています。ですので、与え過ぎると逆にお腹を壊してしまう可能性があります。プルーンを食べる量の目安は、生やドライプルーンの場合1日2、3個、プルーンエキスの場合スプーン1杯が良いでしょう。与えすぎてしまうのには注意してください。

□子供の便秘にはプルーンを液状にして1日に2~3個与えるのが効果的

子供の便秘にプルーンが効果的です。プルーンには便秘の改善に効果的な成分と言われる食物繊維やソルビトールという成分が豊富に含まれています。

子供の便秘は大人とは原因が少し違っており、悪循環になりやすいのも特徴です。便秘が改善されたら、再び便秘の悪循環にならないように、普段から便通を良くしてあげる食べ物を食べさせたり、便秘の原因を作らないようにしてあげると良いでしょう。
引用元-子供の便秘の解消に有効なプルーンの効果 | メディシル

子供の便秘にプルーンがいいのはどうして?

食物繊維が多く含まれている

プルーンに豊富に含まれている食物繊維は、便の量を増やし、大腸のぜん動運動をサポートすると言われています。

便秘対策に欠かせない食物繊維ですが、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「非水溶性食物繊維」の2種類あり、両者をバランス良く摂ることが大切で、プルーンはこの2種類とも含んでいます。

水溶性食物繊維は、食べ物の水分を抱え込んで便を柔らかくし、非水溶性食物繊維は、食べ物の水分を吸収して便の量を増やす働きがあるといわれています。

違う働きを持つ2種類の食物繊維をバランス良く含んでいるプルーンを食べれば、便秘対策が期待できます。

プルーンに含まれている「ソルビトール」という物質は、便をやわらかくし、量を増やす働きがあります。

ソルビトールは、便秘薬としても使われることもある成分です。

便の量が増えれば、腸壁への刺激が増え、さらに便がやわらかいと排泄もしやすくなります。
引用元-便秘にはプルーン?便秘対策におすすめ!プルーンの魅力に迫る

子供にも安心なプルーンは便秘対策にピッタリ!

プルーンは水溶性の食物繊維含有量の多さで便を柔らかくして、排出もしやすくする効果があります。 ドライプルーンや生のプルーン、プルーンジュースなどもありますが最も食物繊維の量が豊富なものを選ぶのであればドライプルーンがお勧めです。

痙攣性の便秘でなければプルーンを酢につけて食べると腸への刺激効果もあります。

また、緩下作用についてですがプルーンはいわゆる『お腹を緩くする作用』があります。 人間はもともとプルーンを食べた時に起こる緩下作用を持っていますが、便秘の方の場合はあまり緩下作用が起こりにくくなっているようです。

プルーンを食べることで緩下作用を起こして、便秘を即効解消していきます。 ただし食物繊維という面から見ても緩下作用という面から見てもプルーンを摂取しすぎるのはお勧めしません。 1日に2-3個を目安にしてプルーンを便秘改善のために利用してみてください。
引用元-プルーンで便秘解消しよう|即効で治す便秘解消法

プルーンで便秘解消!

私達が良くお店で見かけるのはジャムや飲み物に加工されたプルーンですが、実は生の果実のままでも十分おいしく召し上がれます。

カリフォルニア州が名産地であるプルーンは、雨に弱いため、日本国内でも限られた地域でしか栽培されていません。

だから、生の果実を見る機会が少ないんですね。生のプルーンもなかなかおいしいのですが、ドライプルーンは、水分を飛ばした分、重さあたりの食物繊維が多くなるので、効率的に食物繊維をとることができます。

ドライプルーンは甘すぎてお子様が嫌がるようなら、ヨーグルトに混ぜたり、ペースト状のものをパンに塗るジャムに忍ばせたりすると良いです。

プルーンには、不溶性・水溶性の食物繊維が多く含まれていて、ビタミンも豊富に含まれています。

マグネシウムやカリウムも含まれていて、腸のぜん動運動を活発にするとされています。

さらに、食中毒を引き起こす病原菌を抑える働きも確認されていますので、口の中になんでもいれてしまう1歳頃からのお子様に免疫をつけてもらう意味でも、最適の食品です。
引用元-プルーンで便秘解消

子供の便秘に効く食べ物は?

1. ご飯に押し麦を混ぜる

便秘解消に不可欠な食物繊維が豊富な押し麦。毎日食べる白米に2割~4割程度の押し麦をまぜることで、食物繊維を習慣的に摂取することができます。また、押麦4割程度であればおにぎりとしても食べることができます。

食物繊維はたった1g量を増やすだけでも全然違ってきます。毎日食べるご飯と共に食物繊維をとるのは効果的ですよ!
主食がパンの場合は、ご飯に切り替えましょうね!

2. 朝食に納豆ご飯

小さいころから納豆を食べる機会があることで、納豆を好きになる子供も多いようです。納豆1パックには約3gほどの食物繊維が含まれていて、押し麦を混ぜたご飯と合わせればさらに繊維が摂取できるのでおすすめ!

さらに、納豆には納豆菌といって腸内の善玉菌のエサになって腸内環境を良くする効果があるので、排便活動が活発な午前中に納豆を食べるのは便秘解消に効果的です。

3. 間食には枝豆!

枝豆はお酒のお供のイメージもありますが、食物繊維だけでなく便秘解消や健康に必要な栄養素が豊富に含まれています。間食でスナック菓子を食べるのをやめて、便秘が治るまでは枝豆を常備し、おやつの代わりに食べましょう。

引用元-子供の便秘におすすめの食べ物ベスト10

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/namakoko0101/status/751081881467121664

 - 子供の便秘

ページ
上部へ