放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

妊娠中の便秘で下剤を飲むのは危険?安全な下剤もあります!

      2016/07/29

妊娠中の便秘で下剤を飲むのは危険?安全な下剤もあります!

妊娠中の実に7割の方が悩むと言われている「便秘」。頑固な便秘の場合、無理せず薬に頼るのも方法の一つです。

でも気になるのが下剤の影響。妊娠中の便秘対策で下剤を飲むのは危険?妊娠中の便秘で処方される下剤の種類は?

妊娠中の下剤の服用について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


妊娠中の便秘対策で下剤を飲むのは危険?

おなかの赤ちゃんは未成熟です。ママのからだとはくらべものにならないくらい刺激に敏感。だから、妊娠中のお薬は、ママが思う以上に慎重になる必要があります。

妊娠したばかりのころは、胎児が安定していませんからね。便秘薬や下剤の成分には、腸を膨張させたり収縮させたりするものがあります。これが子宮を刺激すると、流産のリスクがアップ。なんと切迫流産を起こした方もおられるといいます。

「妊娠中の使用はお控えください」なんて注意書きがある市販薬は、この手の子宮収縮作用を含むことが多いです。

ですから、少なくても赤ちゃんが安定するまでは、できればお産がすむまでは、市販薬や下剤はやめておいたほうが無難なのです。

そんなら病院の処方薬はいいの?

お医者さまに相談すれば、母胎や赤ちゃんへの影響が “少ない” お薬を処方していただけます。
引用元-便秘薬と下剤、妊娠中は危険と聞くが本当にそうなのか? | 便秘の妊婦さんのためのブログ

妊娠中の便秘で処方される下剤の種類は?

妊娠中に医師から便秘に対しての処方薬を出される場合の、薬の種類が2種類あります。

ひとつは、「塩類下剤」という種類のものです。酸化マグネシウム、マグコロールなどです。

依存性が少なく、副作用の心配がほとんどなく、赤ちゃんへの影響もないことがわかっているので、妊婦さんにも処方される薬です。

塩類下剤は、腸の中で水分を吸収します。そして、便のカサを増やしてくれます。

食物繊維のような働きをするというイメージが一番近いでしょうか。便のカサが増えることにより、腸全体の活動もしやすくなり、水分をキープできることで、腹圧をあまりかけずに排便できるのです。

ただ、効き目は穏やかです。副作用の心配がないということは、それだけ強い効き目がないということでもあります。

依存性がないので、腸が働きを低下させることもありません。

もうひとつは、「大腸刺激性下剤」といわれるものです。ラキソベロン、アローゼンなどがこちらです。

大腸を直接刺激し、腸の運動をうながして排便させます。依存性があります。即効性がありますが、継続して用いることはすすめられていません。
引用元-妊娠中の便秘で下剤が効かないとき

妊娠中だし便秘だからって下剤に頼りたくない!解消方法は?

みんなどうだった? 妊娠中期「便秘」対策の体験談

・鉄分補給の為にあさりを、便秘予防の為にひじきを、カルシウム補給の為に牛乳を摂っていました。(28歳)

・コンニャクを便秘解消のため、グレープフルーツをビタミン摂取のために食べるように していました。(28歳)

・元々便秘で、妊娠中は医師から便を出やすくする薬を貰ったが、飲みたくなかったから さつまいもを毎日食べて自力で出していました。(29歳)

・便秘ぎみだったので、さつまいもとプルーン・ヨーグルトを食べていました。(36歳)
・ビタミン補給と便秘の予防のため、ドライフルーツを空腹時のおやつ変わりに食べてい ました。(32歳)

・ドライプルーンとヨーグルトを意識して食べました。また、便秘予防のためにオリゴ糖、むくみ予防のために煮小豆も食べていました。(30歳)

・鉄剤を服用していて便秘になりやすいので、便秘改善の為にバナナを食べていました。 (32歳)

・バナナを食べて食物繊維をとり、便秘にならないように心掛けました。(24歳)
引用元-妊娠中期便秘 赤すぐ|妊娠中期の便秘についての説明や妊婦さんの体験談

妊娠中に使ってもよい便秘薬は?

マグミット錠・マグラックス

「酸化マグネシウム」を主成分とする薬で、昔から産婦人科で処方されており、安全性が高いものです。胃粘膜の保護作用もあるので便秘とともに、胃の調子がよくないという方によく処方されます。主成分である酸化マグネシウムは、体内に入っても必要分しか吸収されず、赤ちゃんにも影響が出にいので安心して使えます。市販薬としては「3Aマグネシア」「ミルマグ」などがあります。

ラキソベロン

「ピコスルファートナトリウム」を主成分とする薬です。腸内だけに作用し、効果も穏やかで体への負担が少ないことから、妊婦さんにもよく処方されます。液体タイプもあって自分で飲む量を調節できますが、飲み過ぎて下痢になってしまうと子宮収縮を招きかねませんので、用法・用量を守ってくださいね。市販薬としては「コーラックソフト」「ピコラックス」などがあります。
引用元-妊婦は便秘薬を飲める?妊娠中はマグミット錠やラキソベロンが効く? – こそだてハック

妊娠中でも安全な便秘解消法は?

□便秘解消に良い食事

便は食べ物で作られていますから、食事の影響は大きいと言えます。

国が認めている特定保健用食品(トクホ)では、
「お腹の調子を整える、便通改善」として、
食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌などが認められています。

また、水分補給も便秘解消には欠かせません。
特に妊婦さんは水分不足になりやすい体です。
こまめに水分をとるよう心がけましょう。

□適度な運動

運動不足は大腸の動きをますます鈍くしてしまいます。
もちろん、激しい運動や無理は禁物ですが、
安静にしすぎるのも健康に良くないのです。

体調と相談しながら、散歩やマタニティヨガなどにチャレンジしてみましょう。

□生活習慣の見直し

生活リズムや食事の時間は、排便リズムに大きな影響を与えます。
夜更かし、食事時間がバラバラ、ストレス、冷え性などは便秘の原因になります。

体内時計にあった生活をするだけで便秘が改善することもあります。
今のリズムを変えるのは難しいことではありますが、
できることから少しづつ始めてみましょう。
引用元-妊娠中の便秘解消法

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/1103_18/status/720576320732852224


https://twitter.com/yrm_s2/status/617304677722357761

 - 妊娠中の便秘

ページ
上部へ