放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘で5日でないのは仕方ない!?便秘の影響について

      2016/07/29

便秘で5日でないのは仕方ない!?便秘の影響について

便秘で5日でない日が続いています・・・。気分もいまいちなのは便秘のせいかも。

毎日、忙しくてなかなかスッキリできないあなた!その便秘を放っておいてもいいことはひとつもありませんよ!

気になる便秘はどう解消したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘で5日でないのは普通?女性に多い便秘

男性に比べ女性で悩む人が多いといわれる『便秘』。本調査ではOLと専業主婦を対象に、便秘の症状やそれに伴う悩み、生活意識などについてうかがいました。まず、関東・中部・関西在住OL・専業主婦4208名に1週間の平均的なお通じの回数を聞いたところ、「3日以上ない」(3~4日に1回以下と回答)は、全体で16.1%、20代がもっとも高く5人に1人(19.5%)になりました。

うち、便秘女性と常便女性、計900人(各450人)に便秘で悩むことがあるかを聞いたところ、“いつも”と“ときどき”を合わせおよそ7割(68.3%)が「悩んだことがある」と回答、常便女性でも約半数が「悩んだことがある」(46.4%)と回答しています。

便秘に悩んだことがないと回答した方を除いて、便秘の具体的な悩みを聞いたところ、便秘女性の方が各種症状に悩む割合が2倍程度高く、便秘女性の悩み1位は、「つまった感じがする」(63.9%)。次に「ガスが出る」(63.5%)、「お腹が出る」(63.2%)が続きました。便秘対策としては過半数が「ヨーグルトおよびヨーグルト飲料を摂取する」と回答。しかし、便秘女性は市販の便秘薬に頼る割合が高く、約3人に1人(常便女性の約2倍の29.0%)が薬を飲む・もしくは浣腸すると答えています。
引用元-【「お通じ」と「ライフスタイル」に関するアンケート調査結果】「お通じ」が3日以上ない女性は、若い人ほど高く、20代では5人に1人に。便秘女性は「つまる」女性!? 便秘女性の悩みトップは「つまった感じ」6割。|マイボイスコム株式会社のニュースリリース

便秘で5日でないのとどんな影響がある?

便秘

5日以上も排便がなく、便が硬くなってなかなかでない。

毎日排便があるのに、残便感があり、すっきりしない。

便秘の反対にあるのが下痢と思われていますが、どちらも同じ便通異常で表裏一体の関係にあります。

便通異常の人の中には、同じ原因から便秘と下痢を繰り返している人もいます。

便秘が続き、腸内で宿便がたまると、たまった便が有害物質を出し、腸粘膜に色々な影響を与えてしまい、体の免疫機能が低下し、風邪を引きやすくなったり、疲れがとれにくくなったりします。
引用元-便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因|病気・症状チェック

正常な排便

●「1日1回スムーズな排便があり、排便後スッキリする」

●「毎日排便はないが、便はすんなり出て、排便後はすっきりする」

●便の状態は、食事内容などによって多少異なりますが、健康的な便というのは、一般に水分の割合が70~80%くらいで、練り歯磨きのような半練り状、またはバナナ状をしています。

●色は茶色系か緑色系、量としてはバナナぐらいの大きさのものが毎日1~2本分排泄されれば理想的です。

便の状態(色・形)でどんな病気の恐れがあるかわかりますので、一度チェックしてみましょう。
引用元-便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因|病気・症状チェック

便秘で5日でないのを放っておいてはダメ!

便が排出されるまでの時間

通常、食べ物を口に入ったあとは、それが胃や小腸を通り、消化・分解されて食べカスになり、やがて大腸へ進みます。
次に大腸の最後の部分、直腸にたどりつき便意が起こって排便へ至ります。

その時間はおよそ24時間から72時間程度で、人によって食べる量や食べる頻度は異なるため、排便が作られるペースや排出量も変わります。

また、便に必要な水分や善玉菌が不足していると、全て排出されずに少しずつ大腸に蓄積されることに。
蓄積される量が増えると、便は水分が奪われて硬くなります。

これが繰り返されることが便秘の理由です。
引用元-そもそも便秘ってどんな状態?何日目から?

正しい排便のリズムとは

便意を感じてトイレに行くとすぐに排便できることが理想です。
酷い便秘になれば下剤を使ったとしても、便意すら感じなくなるため、その前に手を打つことが必須。

仕事や環境で便意をよく我慢する人は注意してください。
我慢すると腸の働きが鈍くなり、便意が起こりにくくなります。

また、便を硬くしないためには、1日1.5リットルくらいの水分、質の良い便を作るために活躍する乳酸菌やそのエサとなるオリゴ糖や食物繊維を忘れずに摂りましょう。

便秘薬は常用性が高いため、気軽に使うのはなるべく控えてくださいね。
引用元-そもそも便秘ってどんな状態?何日目から?

便秘におすすめなうつぶせ体操!

実際に便秘歴が長い57歳の女性に体験してもらいました。ルールは2つ。1つめは、うつ伏せの姿勢を1日最低10分間は行うこと。その際、さらにそのマッサージ効果が小腸に刺激が加わるよう、ゴロゴロ寝転がる動きを5回以上やると効果的です。

2つめは8時間以上、何も食べない時間を作ることです。これで女性の便秘は解消するのでしょうか?

【腸の若返り体操】

うつ伏せ1日10分間(ゴロゴロ寝5回以上)
1日1回8時間以上何も食べない時間を作る
腸の若返り体操で便秘が解消
実験を開始したのは便秘4日目。さっそくうつ伏せになってゴロゴロ寝転がると、すぐに便意が…。少量とはいえ、あっという間に効果が現れました。

実験2日目、いつもは朝7時ごろに食べる朝食を、8時間のブランクを作るために10時前くらいに変更。すでにお腹ペコペコです。そして、朝食を食べ終わると、なんとまた便意を催すではありませんか。本人も驚くほどに、快調な便通です。

実験3日目も、朝食後すぐに便意。なんと3日連続で排便がありました。うつ伏せのマッサージ効果と8時間のブランクが女性の腸を完全に正常な状態に戻し、実験開始から1週間、連続排便を記録したのです。腸の若返り体操によって、見事に便秘が解消したといえます。
引用元-» 1日10分の「うつ伏せ」で便秘が治った!!

便秘を治すにはストレスをためない事も大切!

運動もしているし、食物繊維の摂取や水分補給も意識的に行なっているのに、なぜか便秘になってしまう、という人はいませんか?

便秘はお肌のトラブルなども招くので、「何が問題なのだろう」と深く悩んでしまう人もいるかもしれません。でも、運動をして腹部をマッサージし、食事や生活サイクルにも注意しているのに便秘になってしまう人は、もしかすると心的な“ストレス”が原因である可能性があります。

■便秘はストレスでも起こる

便秘は自律神経失調症によっても起こります。自律神経失調症とは、自律神経がストレスによって正常に働かない状態をいいます。自律神経失調症になると、だるい、眠れない、疲れがとれない、頭痛、動悸、息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、冷え、下痢、便秘などが起こるのです。

しかも心の不調として、情緒不安定、イライラ、不安感、うつなどの症状も出てきます。原因不明の便秘と下痢を繰り返している人は、自律神経失調症になっている可能性も否定できません。

とくに便秘対策の基本をあれこれ行なっているのに解消しない便秘は、注意が必要です。
引用元-通常の便秘対策ではNG!「ストレス過剰による便秘」への対策はコレ – WooRis(ウーリス)

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/diet_045/status/750457278831005696

 - 数日間続く便秘

ページ
上部へ