放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘による便のピンクの粘液について解説します!

      2016/07/29

便秘による便のピンクの粘液について解説します!

便秘が原因?ピンクの粘液が混ざる原因は。

ピンク色の粘液便のそのほとんどは、痔になっていたりすると現れるようです。

また肛門が傷ついても出てくる事があります。

硬い便の後に出るようなら、硬い便が肛門を傷つけたり、切れ痔のせいなので一時的なものが多いです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘による便のピンクの粘液について

■粘液便とは?どんな粘液便があるの?
粘液便とは、でてきたウンチを見ると、ウンチの周りに粘液が付いていたり、ウンチに混ざっていたり、時には粘液だけが出てくる物を言います。

この粘液はちょうど卵の白身のようなとろとろした状態のものや、不透明の膜のような物だったりと様々です。この他にも緑色やピンク色、赤の粘液がウンチに付いてくることもあるので、それぞれの色で、どういう状態のものなのか見てみましょう。

引用元-便をすると粘液のようなものも排出される。これって危ない?

■ピンク色の粘液便
この色の粘液便は、痔になっていたりすると現れるようです。また肛門が傷ついても出てくる事があります。硬いウンチの後に出るようなら、硬いウンチが肛門を傷つけたり、切れ痔のせいなので一時的なものです。

ただ、肛門を傷つけるほどの硬いウンチというのは腸内環境に異常があると考えられます。この硬い便とは中々軽視はできなく、肛門付近で詰まってしまいコンクリート並の硬さになってしまうこともあります。

そうなると自力で排出することは難しく、病院で浣腸をしてもらうなどの処置が必要になってきますので、繰り返している方、心配な方は乳酸菌を摂取し腸内環境を整えるようにしましょう。

それでも不安な場合、よくならない場合は必ず医師の診断を受けるように。

引用元-便をすると粘液のようなものも排出される。これって危ない?

便秘で便に付着するピンクの粘液は一体?

■大腸の粘膜が剥がれ落ちたもの
大腸に負担がかかったりすると、腸内を保護する粘膜が増えて、不要になった粘膜が便と一緒に出てくるようです。発熱を伴うなど身体に異変があれば、病院を受診した方がよいでしょう。

『粘液便といって、排便に粘液が混ざる、便は出ないのに粘液だけが出てくる場合があり、一般的に白いものが多いのですがピンクや赤、緑色の場合もあります。粘液便の原因は大腸の粘膜が傷ついたためで、傷が改善されると同時に治まります。

一時的なもので、白っぽいものや透明なものなら正常範囲内ですので心配ないですが、量が増えたり色が濃くなったり、さらに発熱や体調不良を伴う場合は病院を受診してください。(看護師)』

『便と一緒に出てくる粘液は、大腸の内側を守っている粘膜の一部です。腸に負担がかかったり、炎症を起こしたり傷がついたりすると、身体は腸の内側の粘膜を増やして防御しようとします。そして不要になった粘液が便とともに出てきます。(医師)』

引用元-便に粘液が混じる…体調不良ではないが病院へ行くべきか? | マイナビニュース

便秘が原因?ピンクの粘液が混ざる原因は

■粘液便の原因
便に混ざって出てくる粘液は、大腸から排出されると言われます。何らかの理由で大腸の壁が傷つくと、傷を治すために粘液が出ます。

この粘液が便と一緒に排出されたものが、粘液便というわけですね。この粘液は傷が治れば出なくなる場合がほとんどですが、いつまでも粘液便が続く場合には別の病気が隠れている可能性もあるので、注意が必要です。

■粘液便の種類
大腸から排出された粘液の色は、通常は白色ですが、時に色がついていることがあります。大抵は心配する必要のないものですが、具体的にどのような種類があるかご紹介しましょう。

■粘血便
白い粘液に血が混ざったものです。大腸のどこかから出血している場合があるため、医療機関を受診されるとよいでしょう。

■ピンク色
原因としては、痔や肛門の傷が考えられます。便秘などで便が固いために肛門が傷ついたり、切れ痔による出血が原因です。傷が治れば収まります。

■緑色
緑色というのはあまり見慣れていないため、驚かれることも多いでしょう。しかし、胆汁が原因ですので、あまり心配はいりません。胆汁にはビリルビンという色素が含まれており、これが大腸の外で酸化すると緑色に変化します。これが緑色の粘液便の正体です。

引用元-粘液便の原因とは?種類や病気の可能性を知っておこう! | Hapila(ハピラ)

粘液便は便秘が関係してる?

■大腸の壁が傷付いている
腸粘膜とは、便が腸内をスムーズに移動できるように分泌されているもののことをさします。

ところが、腸が傷付いたり、ひどい下痢をしている場合などにこの腸粘膜が便と一緒に出てくることがあります。

何らかの原因で大腸に傷がついた場合に、その傷を治そうとして粘液が分泌されることで白い粘液がついた便となるのです。

白色が大半ですが、ピンクや緑色の粘液が付着している場合もあり、これらを総称して「粘液便」と言います。

粘液便は液体よりも泡のような状態に近い見た目で、膿のようにも見えます。

■白い粘液便が出るときに考えられる病気
便に少しだけ白い粘液が混ざるくらいであれば特に心配いらないでしょう。

大腸の壁の傷が治れば自然と出なくなります。

しかし、大量の白い粘液が付着している場合や長引く場合には、重大な病気が隠れている可能性があります。

引用元-便に白い粘液や塊が付く6つの原因!危険な病気かも! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

便秘との関係は?透明な便「粘液便」について

■透明な便「粘液便」

人間の体には自己修復能力が備わっており、怪我をした際も血液がかさぶたになって、徐々に自己治癒していきます。
これは腸内でもいえることで、大腸内が傷ついた際これを修復するために大腸は粘液を出します。

この粘液が大便と混ざって排出されたものが粘液便です。
大体色は白っぽいものや、ピンクで大腸の壁の傷が治ると同時に粘液便もおさまります。大腸に傷がついている状態はいいとは言えませんが、粘液がきちんと分泌されるのは正常な証拠なので粘液自体に異常はありません。

この粘液はもともと大便を腸内で移動させるためにも分泌される必要不可欠なもので、滑りをよくするなど便秘防止にも役立っているのです。

少量の油膜のようなものが少し混ざって大便についているくらいですと心配することはありません。
しかしこの粘液が少しずつ増えていく、または身体に不調が現れだした場合一度病院で検査を受けた方がいでしょう。血便や下血の症状を引き起こしてしまう場合もあります。

しかし健康な人でも暴飲暴食などの影響で急激に腸が動き、粘液がでることもあります。
本来腸内であるべきものなので、出てしまっても過敏になるほどでもありませんが、粘液便が出たらその後の経過を観察してみましょう。

引用元-透明な便「粘液便」 | 便の色

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/gufus7/status/748538040897794049

 - 便秘の雑学

ページ
上部へ