放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘に効く漢方薬を市販で購入する場合の効果と注意点

      2016/07/28

便秘に効く漢方薬を市販で購入する場合の効果と注意点

便秘解消に漢方薬も効果があるとされています。市販でも販売されていますが、何を買ったらいいのか迷いますよね。

市販の便秘薬と漢方薬の違いは?便秘に効く漢方薬を市販で購入する際のおすすめは?

便秘に効果がある漢方薬の種類なども調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

2eb3c9a1f28ed564d95b9725e62024c4_s
つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s
便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

8edbf458cf1122814e6efdf48f3a1746_s
つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s
つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s
便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s
便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s
便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

ce514b442e530549cb2d03309b9422cc_s
つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s
高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

f4643febc76d8ce0f2127bb7a7a3fd52_s
便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s
便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s
便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s
便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

bf42bdc981c8b8f38f2e292d0f039ac6_s
便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

efdccda50521680c43c073550435a0df_s
便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s
便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_s
便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


市販の便秘薬と漢方薬の違いは?

1-1.市販の便秘薬の特徴とは?

市販の便秘薬には、いろいろな種類があります。
しかし、どの薬も「飲めば数時間で効果がある」という特徴は共通しているのです。
中には、浣腸(かんちょう)のように使って数十分で効果が出るものもあるでしょう。
これは、便秘薬の成分が腸を刺激して排便を促(うなが)すからです。
ですから、たくさん飲み過ぎるとおなかが痛くなったり下痢になったりします。
病院で処方される便秘薬も同じです。
効き目の強弱はあれ、腸を刺激してぜん動運動を活発化させて排便を促(うなが)します。

1-2.便秘解消効果のある漢方薬の特徴とは?

東洋医学では、「便秘」という症状に対してではなく体質によって薬を使い分けます。
たとえば、「疲れやすく体力がない」「ダイエットを頻繁(ひんぱん)にしているのでやせ気味」といった人には、内臓に力を与え消化吸収能力をアップさせるような漢方を処方するのです。
つまり、腸を刺激して排便を促すだけでなく内臓全体の調子を整えて、便秘体質そのものを改善させる効果があります。
引用元-便秘に効果のある漢方薬はコレ! 市販の便秘薬とはここが違う!|私の救急箱

便秘に効く漢方薬を市販で購入する際のおすすめは?

体質に関係なく飲むことができる大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

漢方薬は飲む人の体質や体力を考慮して選ぶのですが、実は、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は体力がある人もない人も、飲むことができます
飲む人に対する制限がほとんどないので、漢方の便秘薬を飲みたいという人は、一度お試しいただくと良いかもしれません。
ただ、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)は漢方とはいえ、効き目は意外に強いです
便秘薬がまったくの初心者の方は、少ない錠数から試してみるといいですね。
便秘薬の場合、多くは飲む錠数が「1~3錠」という風に幅を持たせていますので、1錠からスタートすると良いです。
で、それであまり効果が無ければ、次回は2錠、という具合に増やして飲むと良いでしょう。
便秘薬の効き目は、個人差がとても大きいので、人によって効く量が異なります。
ただし、決められた量を超えて飲むのは、止めてくださいね。
引用元-漢方の便秘薬|知りたい!市販薬

便秘に効く漢方薬、市販と病院で貰うのにどう違いがあるの?

漢方薬は、大きく分けると次の2種類があります。

◆一般用漢方薬(市販薬)
一般の薬局で売られてるもので医師の処方箋がなくても購入できるもの
◆医療用漢方薬
医師の処方箋が必要なもの

厚生省から認可されている医療用漢方薬には、エキス製剤(約150種類)の他に、煎じ薬に使用する生薬(200種類以上)も含まれています。

市販薬(一般用漢方薬)は、生薬の含有量や一日の服用量が、医療用漢方薬に比べて少なく設定されています。
つまり、市販薬は、効果がやや弱くなる反面、副作用が出にくいように作られています。

その点、医療用漢方薬は、副作用が起きても医師が対応できるという前提なので、市販薬よりも薬効が強く出るように作られています。
引用元-PMSに効く漢方薬!市販薬と病院でもらう漢方薬の違い | 行列のできる情報館

市販されている漢方便秘薬の効果は?

タケダ漢方便秘薬は漢方薬として処方される大黄甘草湯をもとにした便秘薬です。

・大黄甘草湯

大黄甘草湯は「大黄(ダイオウ)」と「甘草(カンゾウ)」という2つの生薬を
配合したものですが、武田漢方便秘薬も同じ生薬が含まれます。

■大黄

大黄は漢方薬を配合した便秘薬にはほとんど含まれています。

大黄を摂取すると、大腸まで届けられることで大腸を刺激して、便を押し出す運動(ぜんぞう運動)を活性化させることで便秘に効いていきます。

効き目の時間ですが、タケダ漢方便秘薬は就寝前に使用することによって、8~10時間後のちょうど朝に効果が表れるように設定されています。

■甘草

甘草は大黄による腸の活発を抑える働きがあるため、タケダ漢方便秘薬を服用後の腹痛や下痢を抑制します。

以上のようにタケダ漢方便秘薬は生薬によって便秘に効いていきます。
特に腸の運動が鈍くなってしまった弛緩性便秘に効果があります。
引用元-タケダ漢方便秘薬の便秘への効果と副作用について!

便秘に効果的な漢方薬の種類

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

便秘に効く漢方薬としては、「桂枝加芍薬大黄湯」も知られています。

即効性の点では大黄甘草湯に負けますが、大黄甘草湯は体への負担が大きいという側面があります。
お年寄りなど、体力のあまりない人でも安心して服用できるのはこちらです。

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

上の「桂枝加芍薬大黄湯」と似ていますが、こちらには大黄が含まれていません。

大黄という生薬には、下剤作用があるのですが、反面、お腹が緩くなりすぎたり、胃腸に痛みが走るということもあります。これは腸機能が弱っていることが原因です。その場合はこちらを服用して長期的に腸機能の改善を目指すと良いでしょう。

また、桂枝加芍薬湯は、過敏性腸症候群による便秘の治療にも適しています。
引用元-便秘の漢方薬治療 | ヘルスケア大学

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/wsdAstro/status/628150333265436672

 - 便秘の雑学

ページ
上部へ