放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

便秘は体に悪影響しか与えない!便秘を解消して健康になろう!

      2016/07/28

便秘は体に悪影響しか与えない!便秘を解消して健康になろう!

便秘のまま放っておいてませんか?いつか出るだろうとそのままにしておくと体に様々な悪影響を与えます。

便秘が体に与える影響とは?

便秘で良いことは何一つありません!便秘を解消しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

2eb3c9a1f28ed564d95b9725e62024c4_s
つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s
便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

8edbf458cf1122814e6efdf48f3a1746_s
つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s
つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s
便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s
便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s
便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

ce514b442e530549cb2d03309b9422cc_s
つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s
高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

f4643febc76d8ce0f2127bb7a7a3fd52_s
便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s
便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s
便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s
便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

bf42bdc981c8b8f38f2e292d0f039ac6_s
便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

efdccda50521680c43c073550435a0df_s
便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s
便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_s
便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


便秘になると体にどんな悪影響を与えるの?

便秘が続くと腸内に有害物質が発生し、悪玉菌が増加して様々な症状を引き起こします。
腹部の張りや食欲不振、吐き気などお腹の症状から、吹き出ものやニキビなどお肌の症状、さらには頭痛や腰痛、痔、イライラなど精神的症状も出ることがあります。

便が腸内に長くとどまると・・
1)腸内に悪玉菌が増える
2)骨盤内の血行が悪くなり、全身的に血行が悪くなる
3)自律神経の働きが乱れる
その結果、次のような症状がでてきます。

・肌荒れ・ふきでもの
スキンケアに気をつけているのに肌の調子が今ひとつ・・こんな人は、便秘が続いていることが多いものです。

・だるさや疲労感
腸の状態が悪いと、体がだるく疲れやすくなります。そのため動くのがおっくうになって、運動不足になり便秘がますます悪化し悪循環に・・。
引用元-便秘が続くとどうなる?便秘の症状と体への影響 – 下痢(げり)便秘(べんぴ)おなかSOSドットコム

便秘が体に与える影響は深刻!

数年前、57名の英国の著明な医学者達がロンドンに集まり、国立医学会(Royal Society of Medicine)で、汚染された腸が原因の自家中毒症について意見交換が行われました。
自家中毒は、”人体或いは人体の内部で造られた有毒物質による中毒”と定義されており、毒に汚染された腸(コロン)で発生する有毒物としては、22種類が判明しています。
それは次の様なものです。即ち、フェノール、カダベリン、アガマチン、インドール、硫化水素、クレゾール、ブチル酸、ボツリヌス菌、腐敗菌、ウロビリン、ヒスチジン、アンモニア、マスクリン、メチルメルカプタン、インジカン、メチルガーデニン、インドエチルアミン、硫化ログロビン、プポマトロピン、ペンタメチルエンダミン、ノイリン、セプシン等。
これらは、毒に犯された腸内で発見される有毒物質の一部です。
これらの有毒物質のあるものは、高度に活性化しており、最も危険な効果をもつものも少量ながら生産されます。
殆どの場合、これら有毒物は大腸から拡散して、身体の他の部分を汚染する事が多いのです。
引用元-便秘が身体に与える影響|痔プロ.com

便秘になると自律神経にも影響が・・・

自律神経も一緒に弱まる

便秘が続いて腸内環境が悪化すると自律神経も乱れてきます。
便秘が続くと肌荒れのほかにのぼせたり肩こりがひどくなったりする人はいませんか?
それは自律神経の乱れが原因なのです。
自律神経は新陳代謝も司っていますので、それが乱れるということは肌の新陳代謝も正常に行われなくなり、肌が荒れやすくなるのですね。
また、免疫力も低下するので荒れた肌を元に戻そうという機能まで弱まってしまうのです。

まずは便秘を解消することが第一

便秘による肌荒れを解消するためには、とにかく便秘を解消することが第一です。
市販の便秘薬を利用するのも結構ですが、ヨーグルトや野菜など便秘解消に効果のある食べ物を食べ、規則正しい生活習慣を心がけるなど食や生活を見直すことも大切です。
どちらも一朝一夕には行えないことですので、便秘による肌荒れが気になるという方はじっくりと時間をかけて生活改善に取り組んでいきましょう。
引用元-便秘と肌荒れの関係は? 実は体中に影響があった!? |私の救急箱

便秘になるとイライラしたり精神面にも影響が!

便秘では長期間に渡って腸内に便が溜まっていますが、そうすると腐敗が進み毒素を放出すると言われています。

するとその毒素が腸壁から吸収され、ニキビや吹き出物といった肌荒れとして表面に現れてくるそうです。
男性よりも女性の方に多い便秘・・・肌荒れへの影響はイヤなものですよね。
また便秘になると腸の働きが鈍るために新陳代謝が悪くなると言われています。

新陳代謝が悪くなれば、日々の生活で消費するカロリーも減っていきます。その結果肥満につながっていく可能性も無視できません。一番イヤなことは精神的な面への影響かもしれません。

と言いますのも、トイレに行くたびに「今日も便が出ないなぁ~」という気持ちが日々強くなっていきますので、ストレスが溜まりイライラしがちになることも一つの影響だと思います。
引用元-便秘の影響で起こる事とは?

便秘薬が便秘を悪化させる場合とは?

便が口から小腸までをスムーズに移動し、大腸にある程度溜まってくると、脳に「便意」を促す信号を送ります。この信号を受けた脳が、腸や肛門を動かし排便するというしくみです。

一般的な便秘薬や下剤は、この信号を利用し、人工的に刺激を脳に送ることで便意を促します。

どうしてもつらい時、または医療的な必要性がある時に薬を服用するのは、もちろん悪いことではありません。

怖いのは、便秘薬が効果的だからと言って、いつも飲んでいるような状態です。

人間の身体は、度重なる同じ刺激には慣れるようにできています。腸の働きが弱っているとき、便秘薬や下剤に頼りきってしまうと、身体はだんだん人工的な刺激に慣れていきます。
結果、腸の働きはどんどん弱くなり、逆に脳が求める刺激はだんだん強くなっていってしまいます。これでは悪循環です。

また一度や二度なら問題ないものの、繰り返しの使用は内臓を傷つけることにもなりかねません。

できることなら、便秘薬や下剤を使わず、身体本来の力で便秘を解決した方がよいのです。
引用元-つらい便秘を即効解消!明日の朝効く瞬殺アプローチ4つ | 女性の美学

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/uki_ng/status/752093169274150912

 - 便秘の雑学

ページ
上部へ