放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

妊婦の便秘によるぢに使っていい薬など対処法について

      2016/07/28

妊婦の便秘によるぢに使っていい薬など対処法について

妊婦は便秘になりやすく、便秘が進んでぢになりやすいものです。薬に頼るのも一つの改善方法です。軽度のぢには市販薬を使用しても問題ありません。

便秘でぢになってしまう前に、マッサージや生活改善をを試してみてください。
ぢになる前に便秘解消する努力をしてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

2eb3c9a1f28ed564d95b9725e62024c4_s
つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s
便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

8edbf458cf1122814e6efdf48f3a1746_s
つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s
つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s
便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s
便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s
便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

ce514b442e530549cb2d03309b9422cc_s
つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s
高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

f4643febc76d8ce0f2127bb7a7a3fd52_s
便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s
便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s
便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s
便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

bf42bdc981c8b8f38f2e292d0f039ac6_s
便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

efdccda50521680c43c073550435a0df_s
便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s
便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_s
便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


妊婦の便秘によるぢに使っていい薬は?

結論からいうと、痔の市販薬は使用して良いものと使用してはいけないものがあります
ですが、妊娠中は自己判断での使用はあまり好ましくありませんので、購入される際は必ず薬剤師や医師に相談するようにしてください。

では、どういった痔の薬を使用して良いのかというと妊婦または妊娠の可能性のある方はという注意書きがされていないものになります。

しかし、薬局の薬剤師の方に聞いてみると書いてないものであっても使用はせずに
医師に相談してくださいと言われましたので、今度は医者にかからず使用できるものはないのか?聞いてみたところステロイドが入っていない塗るタイプの軟膏なら使用しても良いという言葉をいただきました。

ですが、その薬剤師さんはできるならこれも医師に相談してからの方が良いという感じでした。
引用元-妊婦の痔!市販薬は使ってもいいの? | 妊婦妊娠生活応援サイト

便秘によるぢの薬!ステロイドは妊婦さんが使ってもいいの?

痔のように肛門周囲で炎症を起こしている疾患にはステロイド入りの外用薬が効果的。

燃えさかる火事を一気に消火してくれるのがステロイドの役割なのです。

うちの子が乳児のころ、アレルギー体質もありひどい湿疹が続きました。

子供のアレルギーは遺伝する?!親がアレルギー体質の気がかり

皮膚科の先生の薦めもあり、ステロイド入りの軟膏を短期間塗って治療しました。

今ではきれいな肌になっています。

ですので【ステロイド=悪】とは思いません。

しかし、効果ある薬ですが怖い面もあります。

それが

・皮膚が薄くなり傷つきやすくなる

・皮膚が赤くなる

・ニキビが多くなる、多毛になる

・副腎皮質機能の抑制(体内でステロイドホルモンが減少する)

・常習性がある

このような副作用です。

ステロイドで副作用が起こるには、長期的に間違った使い方をしたためとも言われます。

しかし痔の治療、肛門や腸のような粘膜は薬剤がとても吸収されやすいです。

体内吸収され、血液を巡ります。

赤ちゃんに移行しないとは言い切れません。

「もし万が一」と心配になるのならステロイド入りの外用薬は使用しないことです。

ただ、ステロイド入りの痔薬を妊婦さんが短期使用したからといって、これまでに何か健康被害があったという報告はないですよ。
引用元-妊婦の痔の治療にステロイド薬は胎児に危険?!使わない理由 |

妊婦でも使える便秘によるぢの市販薬は?

妊娠中でも使える市販薬

ボラギノールM坐剤(武田薬品)

座薬で、痛みや腫れが経度の場合に使用できます。
引用元-妊娠中期・妊娠後期の痔におすすめの市販薬ベスト2! | 妊婦力

他にもステロイドを配合していないものはいくつかありますが、やはりここはメジャーな商品のボラギノールがおすすめですね。

ボラギノールAという商品もあるのですが、ステロイドを配合しているので、今回は除外しました。

ステロイド剤は胎児に悪影響があると言われていますが、

外用薬ならほとんど問題ないとされています。
引用元-妊娠中期・妊娠後期の痔におすすめの市販薬ベスト2! | 妊婦力

軽度の痔には市販薬を使用しても問題ありません。

今回紹介した市販薬はステロイドも含んでおらず、安心して使えるものです。

しかし、痔が悪化してしまったら、産婦人科か肛門科を受診しましょう!

肛門科に行くのが怖い場合は、まずは産婦人科で気軽に相談してみましょう。
引用元-妊娠中期・妊娠後期の痔におすすめの市販薬ベスト2! | 妊婦力

妊婦が便秘によるぢにならないためには?

痔にならないためには以下のことに注意しましょう。

1.便秘を予防しましょう

便秘は、痔になる大きな原因です。
妊娠中はホルモンバランスの変化や子宮が大きくなり腸を圧迫することで便秘になりやすくなります。

便秘にならないためには、決まった時間にトイレに行くことや水分を多く摂ること、食物繊維を多く含む食事を摂ることを心掛けましょう。
妊娠中の便秘についてはコチラも参考にしてみてください。

2.下半身を温めて血行を良くしましょう

妊娠中、仕事をしている妊婦さんも珍しくありません。しかし、長時間のオフィスワークで椅子に座ったままの姿勢だと、肛門に圧力がかかり、血流が悪くなります。

また、特に夏場はシャワーだけで済ます方も多いかもしれませんが、冷房などで身体が冷え切っていますので、半身浴や湯船に浸かり、身体を芯から温め血流をよくしましょう。
お尻周りを温めるだけでも痛みが和らぎ痔の予防になります。

冬場はトイレの空間や便座が冷たいだけでも肛門の筋肉が緊張して便が出にくくなるようです。トイレ暖房器やカバーなどでトイレの中を温かくしておくのも便秘の予防になります。

3.出産前に痔であることを医師や助産師に相談しましょう

妊娠中から自分が痔であることがわかっている人は、出産前に事前に医師や助産師に伝えておきましょう。
お産の際にいきむタイミングで肛門を抑えて脱肛しないように押さえてくれます。
引用元-妊婦さんの痔(いぼ痔・切れ痔)の対処法|AMOMA

妊婦さん必見!便秘によるぢとおさらば!マッサージ方法!

これは簡単!マッサージでお通じが!

あと実践したのは、横になるときは上向きではなく横向きに。

これは腸を圧迫しないようにするためです。
クッションをおなかのしたに引いておなかに負担がかからないようにしながら、腰を自分でマッサージしていました。

やはり重いおなかを抱えていると、それをカバーするために自然と体勢も少し無理をするようにのけぞっているのか腰の周辺の筋肉もがちがちになっているものです。
それを自分の無理のない範囲で優しくマッサージするとこわばりがとけて腰周辺の緊張も解けるのがよくわかりました。

このマッサージと姿勢が便秘解消に繋がったかどうかは確証はありませんが、それでも私には結果が出ました。

疲れたらすぐに水分を摂って横になってマッサージ。
それを繰り返していくうちに、コロコロだった便も少しずつ水分を含むようになり、力まなくてもトイレで便が出るようになって切れ痔ともさよならできました。
引用元-妊婦が便秘になると切れ痔になりやすい? | 便秘が改善する飲み物を検証する脱便秘ブログ

ツイッターでのつぶやきや口コミ

https://twitter.com/yeonchan13/status/750821753467777024
https://twitter.com/RicchaanS/status/447368607077376000


https://twitter.com/yumeka231/status/744097930924068865


https://twitter.com/erisa141/status/690515837493510144


https://twitter.com/kitty_axy/status/627132850085560320

 - 妊娠中の便秘

ページ
上部へ