放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

高齢者の便秘の看護計画とは?高齢者の便秘対策について

      2016/07/28

高齢者の便秘の看護計画とは?高齢者の便秘対策について

高齢者の便秘の看護計画とはいったいどのようなものなのでしょうか?

食事に気をつけることはできても、なかなか運動は難しいものがあるかもしれません。

そんな高齢者に対する便秘の対処方法とは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

2eb3c9a1f28ed564d95b9725e62024c4_s
つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s
便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

8edbf458cf1122814e6efdf48f3a1746_s
つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s
つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s
便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s
便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s
便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

ce514b442e530549cb2d03309b9422cc_s
つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s
高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

f4643febc76d8ce0f2127bb7a7a3fd52_s
便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s
便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s
便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s
便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

bf42bdc981c8b8f38f2e292d0f039ac6_s
便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

efdccda50521680c43c073550435a0df_s
便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s
便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_s
便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


高齢者の便秘の看護計画方法について

高齢者になると、腸の機能も低下してきますから一般的に便秘の人が多いです。
殆どの患者さんが整腸剤や緩下剤、下剤を内服し排便コントロールをしています。

普通に日常生活をしている私たちの場合には、生活習慣や食生活を見直すことで便秘の改善ができる場合もあります。健康ですから食材や食事内容をコントロールすることもできます。

軽運動などをして腸の運動を促進させることができる場合もあります。

しかし病院で寝ている患者さんにとっては、内服薬が便秘の改善には最も適したものになっていることが多いです。
引用元-便秘の看護計画 | 退職まぢかの看護師のブログ

■便秘の観察計画(OーP)

①水分、食事摂取量。

②腹部膨隆や膨満の有無、排ガスの有無、腹鳴の有無。

③排便の周期、便の性状、量。

④運動量。

■便秘のケア計画(TーP)

①禁忌でなければ水分を多めにとる。

②起床時や朝食の30分前に水をコップ1杯飲むように勧める。

③排便する時刻を同じにする(朝食後)、定時トイレ誘導。

④肛門部に硬便がある時は摘便施行。

⑤歩行を勧める。

⑥歩行禁の場合はベッドに横になるか椅子に座って、片足づつ膝を胸まで上げる運動を行う。また腰をひねる運動を行う。

⑦食事内容の工夫(乳製品の提供)

⑧排便時の疼痛を和らげるために肛門に潤滑油を塗布する。

⑨指示の下剤や浣腸を施行する。

⑩下腹部のマッサージ施行。
引用元-便秘の看護計画 | 退職まぢかの看護師のブログ

高齢者の便秘は看護計画にとても重要!

便秘の種類

急性
1)一過性単純性便秘
食事量減少や水分不足など、一時的に起こる。

2)症候性(器質性)便秘
何らかの病気のために突然便秘になる

慢性
1)常習性(機能性)便秘
腸の動き自体弱くなっていたり、逆に過敏になってしまったため起こる便秘

①弛緩性便秘:便が硬い
運動不足や食生活の方よりから起こる。
便を押し出す力が十分でない
便が大腸にしばらくとどまるため水分が吸収されすぎて便が硬くなってしまう

②習慣性(直腸性)便秘:便が太くて硬い
直腸の動きが鈍くなったため起こる。便意が起こりにくくなる。
高齢になると直腸が太くなるため、大腸で水分が過吸収された便が蓄積する

③痙攣性便秘:コロコロ便
自律神経のアンバランスから起こる。直腸までの便の流れが障害される
大腸での水分吸収が増大し、収縮が強いため便が小さくて硬い、または、細くて短い

2)症候性(器質性)便秘
何らかの病気のために徐々に進行した便秘
パーキンソン病、脳血管障害、精神障害など

高齢者の急性の便秘は、食事量や水分摂取量の低下による一過性のものが多く見られます 一方、慢性の便秘は、運動不足や筋緊張の低下から弛緩性便秘が比較的多く見られます。
引用元-便秘の老年看護計画・看護過程の特徴や展開 | 看護ハッピーQOL

高齢者の便秘で看護計画するなら病気に合わせて

便秘予防

肝硬変と診断された時点、合併症である肝性脳症となっている状態では必須となります。
ラクツロースなどの下剤を確実に服用してもらうことが大事です。
基本的には毎日排便が望ましく、便秘が続いてしまうと、血中アンモニア濃度が上昇します。

一般的には、アンモニア濃度が上昇したからすぐに肝性脳症になるものではありませんが、高いアンモニア濃度を持続すると発症するので、毎日排便を基本にすることが大事になります。

臨床経験上では、肝予備能力がギリギリな患者さんの場合では、1日排便がないだけでも翌日言動や行動がおかしくなっていた患者さんもおり、浣腸を行った後に意識レベルの改善が見られた事例もあります。
なので、基本的には毎日の排便が重要となります。

症状悪化予防には必須の看護であり、患者教育となります。
引用元-肝性脳症の看護計画、各段階における看護師の役割とは

高齢者の便秘を運動で解消するのは難しい

加齢にともない、便秘に悩む高齢者は多くなります。
その原因は、消化器系の技能的・器質的な病気によることよりも、食習慣(食事量の減少や食物繊維摂取の減少など)、服用する薬の増加、運動不足など個人レベルでコントロール可能なものがほとんどです。

便秘の解消のためには、正確な原因の究明・アセスメントが必要ですが、今回は、年をとるにつれて活動量が少なくなり、筋力低下や不良姿勢が原因で生じている便秘に注目し、運動による便秘解消法を検討しました。

腹筋の力が弱かったり、猫背であったりすると、大腸は下がり気味になり、狭い腹腔に押し込められてしまうので蠕動運動も起こりにくくなります。
その結果、適度な硬さの便が形成されにくくなります。
また、出口(直腸)までたどり着いて滞っている便を押し出すには、「いきむ」ことが必要ですが、腹筋の低下によって十分な圧がかけられなくなります。
そこで、腹筋の強化と不良姿勢の解消が必要になってきます。

「便秘解消のためには運動を取り入れるべき」ということが施設でもよく言われますが、その内容は、腹筋運動(仰向けになり、上体を起こす)や散歩などを指すことが多いと思います。
しかし、実際に施設に入所されている便秘に悩む高齢者には、ベッド上での生活を余儀なくされている(いわゆる寝たきり)の方から、歩行可能なADLを備える方まで、かなりの幅があります。
そこで、腹筋や散歩などの運動を導入しても、うまく実施できず挫折しているケースも見受けられます。
ベッド上での生活を余儀なくされている方に、腹筋運動といっても無理があります。体力の低い高齢者には、その人の体力に見合った運動が必要です。
引用元-排便体操の有効性|高齢者のための排便体操|排便ケアの実践|排便ケア|排泄ケア 実践編 |排泄ケアナビ

高齢者の看護での便秘対策について

緩下剤の選択

どのような緩下剤が適しているか判断する。
下剤には、①水分を多く含むことでやわらかくし、腸内容量もふやして腸の蠕動運動を促す機械的下痢と、②腸壁を刺激して腸運動をたかめて排便を促す刺激性下痢、③そのほか副交感神経を刺激して排便を促すものとがある。
下剤の服用時には水分を多くとるようにすることもたいせつである。

浣腸や座薬

緩下剤のほかに、浣腸や座薬を使用して排便をはかる方法もある。

摘便

宿便状態のときに下剤を服用すると、腸管を強く刺激して蠕動運動をたかめるものの、便は閉塞状態でなかなか排出されないため、痛みが強くてたいへん苦しむこととなる。
宿便のときはまず、直腸内の硬便を摘出するための処置として摘便をし、そのうえで必要に応じて他の処置を行う。
①摘便は、指で便を出すというよりも、大きな塊を砕いて小さくして肛門から出しやすくなるように援助することである。
②排便反射や腹圧を利用して、自分自身で排出できるように援助することがたいせつである。
引用元-高齢者に多い健康障害とその予防・看護について④便秘 No:61

ツイッターでのつぶやきや口コミ

 - 高齢者の便秘

ページ
上部へ