放っておくと大変な事にもなる、便秘にまつわる解消法や原因などをまとめます。

助けて!便秘ちゃん

産後の便秘で辛いときは座薬などを使って早めの対処を!

      2016/07/28

産後の便秘で辛いときは座薬などを使って早めの対処を!

産後で悩まさせるのが便秘です。授乳による水分不足、会陰切開の痛み、出産後の筋力低下などが主な原因です。

便秘を放っておくと痔になる場合もあるので、座薬などを使って早めの対処をすることが大事です。

座薬のメリットや効果、産後の便秘解消法などまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

2eb3c9a1f28ed564d95b9725e62024c4_s
つらーい便秘!便秘の期間と対策について!

辛い便秘!1週間以上お通じがなくても放置してしまう人が少なく...

5617ec5ff9c48ff370941b763e95cb85_s
便秘解消に良いとされる牛乳やヨーグルトについて解説します!

牛乳やヨーグルトが便秘解消に効果がある理由。 牛乳をの飲む...

8edbf458cf1122814e6efdf48f3a1746_s
つらい便秘で胸が痛い?!原因や対策について!

便秘に悩んでいる人の中でも症状がひどくなってくると吐き気がし...

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
便秘による胸焼けの原因や対策方法について!

辛い便秘!便秘の状態が続くと、次第に胸焼けにも繋がってくるこ...

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s
つらい便秘に効果的?!筋トレをして脱便秘!

いろいろ手を尽くしても、解消されない!そんな便秘は最も起こり...

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s
便秘で苦しい症状や対処法についてまとめました!

便秘で苦しい時は食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。 ...

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s
便秘の看護計画は一人ひとりの状況を把握することが大事!

便秘に対する看護計画はどのようにするべきなのでしょうか。 ...

df90ee4a87dfadb7c6977ca2d7af7ec0_s
便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類についてご紹介します!

便秘の看護で覚えておきたい便秘の種類とは? 便秘の症状...

ce514b442e530549cb2d03309b9422cc_s
つらい便秘!排便時に血が出る原因について!

便秘中に排便したとき、血が出てしまうことはありませんか? ...

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s
高血圧に注意!便秘と血圧の関係性について解説します!

便秘と血圧には、深い関係があります。 血圧は体に力が入ると...

f4643febc76d8ce0f2127bb7a7a3fd52_s
便秘なのに柔らかい便になってしまう理由とは?柔らかいについて

便秘なのに柔らかい便!?便秘といえばカチカチの便のイメージで...

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s
便秘に座薬は効く?市販の薬の効果と特徴について調査!

便秘薬の中でも即効性を期待して座薬を使う人も多いといいます。...

6f3996024cdc2bcc2e6a48bb45cddb77_s
便秘で座薬を子供に使うときの入れ方・注意点についてご紹介

便秘で苦しんでいるときは座薬が効きますが子供にも使っていいも...

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s
便秘に酵素を積極的に摂取して改善しよう!

酵素を効果的に摂取して便秘を改善! 酵素とはタンパク質から...

8aa649f41de6b2a24d20516b669c81dc_s
便秘による口臭の原因や対策について解説します

便秘で口臭が臭くなる理由とは一体なんでしょう? 便秘により...

bba12ea4d0c8ce6156929e6400c87de0_s
便秘で口から出る悪臭の原因や対策について解説します!

便秘で口から悪臭が出るってホントなの? 便秘になると腸の中...

bf42bdc981c8b8f38f2e292d0f039ac6_s
便秘改善に効く代表的な食べ物や食べ方を紹介します!

便秘に効く食物繊維を豊富に含む食べ物を紹介します! 食物繊...

efdccda50521680c43c073550435a0df_s
便秘解消に健康食品を使ってみよう!青汁の効果や飲み方について!

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に...

ba6d20a7b8c02e47abb9def3c1ab6c30_s
便秘による血便や下痢について

血便や便秘と下痢の繰り返しなどは大腸がんの症状なのか? 大...

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_s
便秘に要注意!排便に血便を伴う場合は注意が必要?!

何日も便が出ない!便秘に悩む方は多いかと思います。 便秘と...

スポンサーリンク


産後の便秘が辛い・・・座薬を使用するメリットは?

(1)内服薬を使用できない人に対しても使うことができる

妊娠中や授乳中の女性など、内服薬の便秘薬(下剤)を使うことのできない人もいます。しかし、炭酸ガスによって排便を促す座薬であれば、妊娠中でも安心して利用することができます。

(2)必要のない部分まで刺激しない

内服薬は口から飲むことになりますから、大腸に到達するまでには胃や小腸を通ることになります。すると、少なからず胃や小腸にも影響が及びます。

最近の薬は、極端に強い刺激を受けることはあまりありませんが、それでも食道や胃が弱っていたりする場合には注意が必要です。

それに対して座薬は、ピンポイントに直腸や大腸を刺激する薬ですから、不必要な場所にまで刺激を与えることはありません。

また、有効成分がロスなく大腸に伝わるというのも座薬の強みでしょう。

(3)即効性がある

座薬は注射薬と並んで即効性の高い投与法です。

内服薬の場合は、有効成分を体が吸収するまでに遠回りをしなければなりませんので、効果が出るまでに時間がかかります。ほとんどの便秘薬は、8時間~半日程度の時間が必要になります。
引用元-【医師が監修】便秘の薬(6)座薬 | ヘルスケア大学

産後の便秘解消に座薬の効果は?便秘にならないためには?

便秘にならないための対処法
◆水分を多めにとる
授乳期間中は、赤ちゃんに母乳を与える為、水分が取られてしまいます。便を柔らかくするための水分が不足してしまい、便が硬くなってしまいます。

◆産婦人科の先生に早めに相談する。
便秘は、恥ずかしいことではありません。相談しないと、私みたいに、さらに恥ずかしい事になりますよ!

◆産婦人科で便を柔らかくする薬をもらう
私は「マグミット錠」を退院時にもらいました。(出産後すぐから服用しておけば、きっとあんな辛い便秘に入院中なることは、なかったのにと後悔しています。)
※マグミット錠の飲み方や副作用は、産婦人科の先生によく確認してください♪

解消法
◆座薬では、効果がなかった。(人によると思います)
◆浣腸してもらう!→これしかなかったです!!
何をやっても出なく、入院中ずっと苦しんだ私も、浣腸でスッキリとすることが出来ました!
引用元-産後の便秘解消法はコレ!産後の便秘は出産よりつらい!? | トレンドタウン

産後は便秘や痔に注意!軟膏や座薬で早めの処置を

■産後の痔の解消の仕方

まずは産後に痔になってし待った場合の解消法を紹介します。
※別に痔には困っていないという方は飛ばしてください。
産後による痔ですが、早期に対処すればほとんど問題ありません。
その際は軟膏や座薬により比較的に簡単に解消できます。
軟膏や座薬に抵抗を示してしまい、何も行わないのは危険です。
産後の痔は自然治癒では治りにくいのです。
ですから座薬などで、しっかり治療してください。

■産後の便秘の解消法

産後になっていきなり便秘になった方が早く解消しようと
下剤や便秘薬を使用してしまいがちですが、下剤はできるだけで控えましょう!
使用しすぎると、「下剤依存症」に陥る場合があります。
ただ下剤ではなく整腸剤などであれば産後や授乳中の方でも
問題なく服用できますので、そちらを試すのも効果的です。
特に妊娠中や産後の方皆さんが服用されるのはビオフェルミンですね
引用元-【産後の便秘と痔】産後に苦しむ人のための解消法!

産後は便秘に注意して体を休めよう!

今だから考えられることは、入院中にもっとからだを休めればよかったし、便秘などを解消することをもっと積極的にすればよかった(水分補給、便秘薬)、痔についても産後になる人は多いそうなので、早くに産科・婦人科などに相談すればアドバイスだけでも受けられて、もっと早く楽になることができたはずです。
赤ちゃんはおっぱいも、おむつも待ってはくれませんから、できるだけ早め早めで治療してしまうのがいいと思います。また、産後はいろいろな症状が出ますから、ひとつでも少なくして、自分の負担を減らすことが大切だと思います。
また、私は赤ちゃんが寝ている間に、掃除、洗濯など家事を済ませていました。やっと軽くなったからだによろこびを感じ、ついはりきって動いてしまうのですが、これも適当にやめておいたほうが良かったと後悔しています。赤ちゃんが寝ている時には一緒に横になって、少しでも睡眠などとるようにしたほうが、その後の体の回復も早いと思います。無理は禁物です。
引用元-妊娠・出産・子育て体験記 赤ちゃんのーと 【出産・産後】

産後は授乳による水分不足に注意!

母乳はお母さんの血液から作られます。産後に分泌されるホルモンの働きにより母乳が生成されて、分泌されるようになるのです。

母乳は摂取した水、食べ物などから作られていきますので、水分の摂取が非常に大切になります。

1日に生成される母乳の量はだいたい780ml程度と言われています。
一日に女性が飲食から摂取している水分量は通常1L〜1.5L位が平均的だと思われるので、授乳中のお母さんは2L以上の水分を摂取した方がよい計算になります。

でも、水を2L飲むのは結構大変ですよね?

水じゃなくても食べ物を含めて考えて大丈夫です。例えばお米にもたくさん水が含まれますよね。フルーツや野菜も殆ど水分だったりします。

しかしやはり水として水分を摂取するのはとても大切なことです。

例えば、カフェイン入りのコーヒーやお茶などでは利尿作用により、せっかく摂取した水分も排泄されやすくなってしまい、効果が弱まります。

具体的におすすめな飲み物としては水以外に、麦茶、授乳のママ向けに売られているハーブティー、たんぽぽコーヒーなどが授乳中の方でも安心して飲む事ができるでしょう。
引用元-産後の便秘が辛い!4つの原因と忙しくても大丈夫な解消法!|welq 【ウェルク】

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/gumball1232/status/747797309996441600

 - 産後の便秘

ページ
上部へ